仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

電話が怖い!緊張で噛む・上手く話せない理由と克服方法

   

電話が怖い!緊張で噛む・上手く話せない理由と克服方法

直接会って話すのは大丈夫なのに、電話で話す時には緊張で噛むことが多くなってしまったりすることってありませんか?

特に、会社での電話を苦手とする人が多いようです。

どうして電話だと緊張してしまうのでしょうか。

仕事で毎日のように電話をかけるのであれば、上手く話せないのを克服したいですよね。

電話で緊張して噛んでしまう理由やその克服方法についてお話します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


噛むのはナゼ?電話で緊張してしまう理由

普通に話す時には噛まないのに、電話での会話では緊張してよく噛んでしまう・・・

電話になると急に緊張するのはどうしてなのでしょうか。

電話は相手が見えないため

電話でよく噛んでしまうという人も、家族や友達であれば噛まずに話せますよね。

会社にかかってくる電話や、顔を知らない相手との電話になると緊張して噛んでしまうのではないでしょうか。

相手がどんな人か分からなければ、どんな表情で話しているのかもわかりませんし、話し方によって『怒っているのでは?』などと不安になってしまうこともあります。

その不安が緊張となって噛むことに繋がってしまうのです。

会話だけで伝えなければならないため

直接会って話すのであれば、ジェスチャーを交えたり図を書いて説明することができますが、電話となると会話だけで全て伝えなくてはなりません。

説明が苦手な人にとって会話だけで正確に伝えるというのは難しく、上手く伝わらなかったらどうしようという不安から緊張してしまうのです。

相手の話すタイミングが読めないから

顔を見て話していれば、相手が話そうとしていたり話し終えたというのが分かりやすいのですが、顔の見えない電話だと分からずに自分のペースが乱れてしまいます。

相手が話し始めるタイミングを読んだり、気を遣うことも多いので緊張してしまいます。

緊張・噛む・震える・・・それって電話恐怖症かも!

仕事で電話を受ける・かけるということを緊張してしまうという人は少なくありません。

電話で緊張するのは先ほどお話ししたような理由がありますが、緊張以外の他にもこのような症状があれば電話恐怖症の可能性があります。

  • 電話に出ることが怖い
  • 周りに会話を聞かれていると思うと上手く話せなくなる
  • 電話中に手足が震えてしまう
  • 電話の音が鳴ると怖くて体が固まってしまう
  • 電話になると何を話せばいいのか分からなくなり噛んでしまう

電話恐怖症の特徴は人によって様々ですが、その原因も一つではないですし、きちんとした原因がないまま起こってしまう人もいます。

原因の一つとして、過去の経験から電話恐怖症になってしまったということがあります。

  • 子供の頃に電話で怖い思いをした
  • 電話での失敗を笑われたことがある
  • 電話での会話を上司に怒られた

これらの経験があり、怒られるかもしれない・笑われるかもしれない・周りに話を聞かれていると思うと「きちんと話さなければならない」という意識がストレスになってしまい、緊張し噛んでしまうことになるのです。

電話での緊張や噛むのを治したい!どうすればいい?

電話での緊張はなるべくなくしたいですし、噛むことだって減らしたいところです。

そんな人におすすめの対策をお話します。

話す事を書いたメモを作る

会社で電話を受けたときに、社名や部署名を言いますがこの時に緊張で噛んでしまうという事があります。

また、電話をかける時も相手が出た瞬間に何を話すのだっかたと忘れてしまうことがあるので、自分で話す内容を書いたメモを用意しておきましょう。

何もない状態で話すよりも、メモを見ながら話す方が緊張も感じにくくなります。

ゆっくり話すようにする

きちんと話さなければならない・沈黙の時間を作ってはいけないという意識からついつい早口で話してしまいますが、こちらが早口で話してしまうと相手が聞き取りづらいだけではなく同じように早口になってしまいます。

大切なことは、情報を正確に伝えるということなので焦る必要はありません。

ゆっくりと話せば自分の考えもきちんとまとめることができますし、噛む回数も減ってくるでしょう。

完璧を求めない

間違ってはいけないと思うとプレッシャーになり、苦手な電話がさらに苦手になってしまいます。

言い間違いや聞き間違い、噛んでしまったり聞き取れないなんてことは誰にでもあることなのです。

相手の言ったことが聞き取れなければ聞き返せばいいんです。

聞き返すことはマナー違反ではないので、聞き返すことを恐れる必要はありません。

「間違ってもいい」「失敗したところは次頑張ろう」それくらいの気持ちで完璧を求めないようにしましょう。

新入社員なら電話で緊張するのは当たり前

電話で話すのは緊張するという人は多いですし、電話が怖いという人も少なくありません。

特に、新入社員であれば電話を受けたりかけたりすることを緊張することは当たり前なのです。

会社に入って最初の壁は【電話応対】だと言っても過言ではありません。

会社に入って間もなければ、自分の社名すら言い慣れていないので噛んでしまう可能性がありますし、取引先も覚えていないために社名など聞き取れないことが多いと思います。

敬語もまだまだ使い方を間違ってしまうことも多いでしょう。

その度に先輩や上司から注意を受けると、電話がどんどん苦手になり怖くなっていってしまいます。

しかし先ほどもお話したように、失敗しない人なんていないので失敗してしまったらどうしよう・・という不安を持つ必要はありません。

失敗しながら覚えていきますし、回数をこなせれば必ず慣れてきます。

逆に、失敗するのが嫌だからと電話に出ることを避けて入ればいつまでたっても苦手なままでしょう。

自分が気にするほど相手は言い間違いや聞き間違いを気にしていないものなんですよ。

それに、4月はどこの会社でも新入社員が電話応対する事が多いので、相手もきっと分かってくれることでしょう。

そう考えると少し気持ちが楽になりませんか?

電話応対は落ち着いてやればきっと大丈夫

直接会って話すのは大丈夫なのに、電話になると緊張して上手く言えなかったり噛みまくってしまったり・・・

焦れば焦るほど余計に噛んでしまうでしょう。

仕事をしていると苦手だからといって電話を受けない・かけないということは難しいので、ご紹介した対策などをとって少しでも苦手意識を減らしたいところです。

新入社員であれば、何もかも初めてで失敗も多くなり心が折れてしまうかもしれませんが、失敗することは悪いことだと思いすぎないことが大切です。

失敗するからこそ成長できるんです。

電話で大切なのは情報をきちんと聞き取ること・相手に伝えることであり、噛まずに話すことではありません。

言い間違えたのであれば言い直せばいいですし、聞き取れなければ聞き返したっていいんです。

焦らずにゆっくり対応すれば大丈夫です。

苦手な電話が恐怖になってしまわないように、間違ってしまっても自分を責めないようにして下さいね。

苦手な電話を頑張っているあなたの姿を、評価してくれる人がきっといるはずですよ。

 - ライフハック

ページ
上部へ