仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

【花屋でバイトしたい】楽しいところ・きついところ 教えます!

   

【花屋でバイトしたい】楽しいところ・きついところ 教えます!

”お花屋さん”

女性なら、小さな頃に一度はなりたいと思ったことがあるのではないでしょうか。

華やかで楽しそうなイメージのある花屋さんですが、やってみるときついと感じることも多いようです。

しかし、その分やりがいもあるお仕事なのでお花が好き!という人にはおすすめです。

花屋でバイトを始めたいと思っている人に向けて、楽しいところやきついところ、面接についてもまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


花屋のバイトはきつい?楽しい?その仕事内容

バイトを始めようと考えたときに、ある程度仕事内容を分かっていなければ働き出してから

「こんなはずじゃなかった」「こんなこともするなんて知らなかった」

となってしまう可能性が高いです。

花屋でバイトしたいと考えているみなさんも、是非仕事内容を知っておきましょう。

市場での花の仕入れ

市場に行き花を仕入れます。

この仕事はバイトに任されることはほとんどありませんが、長年続けていれば任されるようになることも。

仕入れた花の手入れ

店に戻れば仕入れた花の葉を落としたり茎を折ったりして手入れをします。

この手入れの方法は花の種類によっても変わってくるので注意が必要です。

バケツの水替えや鉢植えの水やり

花を入れているバケツの水を替えたり、鉢植えの水やりをしていきます。

夏には水が腐らないように一日二回も水替えをします。

花によっては一日に三回の水やりも必要となってきます。

花束、ブーケ、フラワーアレンジメント

最初から作って置いてある分もありますが、お客さんの予算や希望を聞いて作る事がほとんどです。

そのため、ある程度経験が必要になってきます。

バイトを始めてしばらくは、作り置きの花束を作る事になります。

花などの配達

誕生日やお店の開店などで送る花束を配達します。

お客さんが自分で持って帰れないような大きな観葉植物も、配達しなければなりません。

花屋でバイトしたいならきついということを知っておく

花に囲まれながら花束やブーケを作るのって素敵ですし、花屋って華やかな仕事のようなイメージがあるかもしれませんが、実際やってみると「きついな・・・」と思うことも多いんです。

どういったことがきついと感じるのでしょうか。

覚えることが多い

花屋で働くからには花の名前や育て方、管理の仕方を覚えなければなりません。

バイトを始めるときには知識がなくても問題ありませんが、始めれば勉強していきます。

また、毎日仕入れる花も違うのでその日の花の値段なども覚える必要があります。

体力が必要

花屋で働くと体力が必要になってきます。

毎日バケツの水替えをしなければなりませんし、花の入ったバケツを移動させたりもするのできついと感じることも多いです。

配達時にも鉢植えの観葉植物などを運ばなければならないので、体力が必要です。

手荒れがひどい

毎日水を扱うので手が荒れてしまいます。

もちろん冬でもお湯なんて使えずに、水を使わなければなりません。

葉やトゲで手が切れてしまうこともしょちゅうです。

花や草木の汁によるアレルギー反応が出る人がいる

アレルギー性接触性皮膚炎と言われる、特定の物質に反応するアレルギー反応が出たり、花粉アレルギ-などの、症状がでる場合があります。

虫がついている

花には虫の卵や幼虫、ナメクジなどがくっついていることも多いので
駆除しなければなりません。

どうですか?華やかで楽そうに見える仕事ですが、きついこともたくさんあるようです。

きついだけじゃない!花屋でバイトするメリットは?

もちろん花屋でのバイトはきついだけではありません。

花が好きと言う人であれば働き続ければそれだけ花の知識が増えますし、花に囲まれて仕事をするのは癒やしとなります。

花好きの人にとって花屋は【幸せの空間】と言っても過言ではないでしょう。

また、花は冠婚葬祭で使われるためそういったマナーも覚えることが出来るんです。

何よりも、お客さんに喜んでもらえるというのが一番のメリットと言えるでしょう。

花は自分の為に買うこともありますが誰かに贈ることも多く、贈る人のイメージを聞きながら花束を作り喜んでもらえると、やりがいを感じる事ができます。

お客さんのイメージを聞いて花束やフラワーアレンジメントを作るというのは簡単ではありませんが、作り続けることによって自分のセンスも上がってきます。

花を買いに来る人の中には知識のない人も多いので、説明したりしているうちにコミュニケーション能力も身についてくるということも、メリットの一つです。

バイト面接ではきついことも大丈夫だとアピールする

花屋でバイトしたいな~と考えたときに、

「未経験でも大丈夫だろうか?」

「花の知識がなかったら無理かな」

と、不安に思ってしまうかもしれませんが、先ほども言ったように未経験でも花の知識がなくてもバイトはできるので、安心して下さい。

では、バイトの面接でどういったことに気を付ければ良いのかを見ていきましょう。

面接時の服装や身だしなみ

服装はスーツでなければいけないということはありませんが、カジュアルになりすぎずきれいめのコーディネートで行けば大丈夫です。

ただし、ホテルなどの花屋であればスーツで行くことをおすすめします。

仕事をする時に帽子やアクセサリーOKという店はたくさんありますが、面接の時にはネイルやアクセサリーはしないようにしましょう。

面接時にアピールすること

花屋でのバイトを”楽そう”だと思って始めてみたが、思ってた以上にきつくてすぐに辞めてしまうという人が結構いるんです。

そう思われないためにも面接では、体力に自信があることやきつい仕事だと理解していることをアピールしましょう。

接客が好きだと言うこともアピールポイントになりますし、イベント時にシフトが入れることも、店側からすると雇いたいと思うポイントになります。

花が好き!やりがいを求めるなら花屋はおすすめ!

いかがでしたか。

思っていた花屋のバイトのイメージと違ったところもたくさんあったのではないでしょうか。

でも、どんな仕事であれメリット・デメリットはありますし、ただただ楽しいなんてことはありません。

きついと感じることも多い花屋の仕事ですが、その分やりがいも多く感じられる仕事です。

自分の作ったもので喜んでもらえるって素敵なことだと思いませんか?

目の前で笑顔になってくれるお客さんを見れば、きついことも頑張れるような気がしませんか?

花が好きでやりがいがある仕事を求めているのであれば花屋はおすすめです。

きつそうで自信がない・・・というのなら、クリスマスや母の日といったイベント時に短期で働けるところもあるので、一度働いてみるのもいいですね。

花屋で働き続ければ知識も増え、「フラワーデザイン」や「フラワー装飾技能士」などの資格を取りたいと思うようになるかもしれません。

これらの資格を取れば正社員になれる可能性も高くなりますし、自分のお店を持つなんてことも夢じゃありません。

花屋は、自分の成長を感じられる仕事とも言えるでしょう。

 - 就活

ページ
上部へ