仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

「代理でメールを送っておいて」と上司に頼まれた時の例文

      2017/09/28

「代理でメールを送っておいて」と上司に頼まれた時の例文

上司から「取引先へメールを送っておいて」と頼まれた場合は、どのような内容を書くべきでしょうか。

代理でメールを送る場合の書き方を、例文をもとにご紹介します。

失礼のないビジネスメールをぜひ覚えておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


上司の代理でメールの返信をする書き方とは?

社会人一年目の人やビジネスメールはまだまだ初心者という方は、ぜひ参考にしてみてください。

取引先とのメールに上司から「代わりに返信をしておいてほしい」と頼まれたら、どうしますか?

代理で返信をするときのメールの文面は、どのように打つべきかに迷ってしまいます。

自分の名前も記入するべきかも分からない人もいるでしょう。

このように、「上司の代理としてメールを返信する書き方」についてご紹介していきます。

先方に失礼のないメールの文章をぜひ覚えておきましょう。

ビジネス文書の書き方は社会人として覚えておくべきです。

1度覚えておけば色んな場で応用することができます。

大人としても正しい文章の書き方を知っておきたいものですね。

上司の代理でメールを送る場合の例文

上司の代理としてメールを返信する例文をご紹介します。

これは取引先の秘書の方宛てに送る場合の書き方です。

「○○株式会社
秘書 ○○様」とまずは宛名を記入します。

その後は、簡単な挨拶と代理人からのメールであることを記入します。

「いつもお世話になっております。

上司の名前○○の代理でご連絡させていただきます。」

このような文章で送りましょう。

また返信メールを上司宛にしてほしい場合は、このように付け足しをしておきます。

「なお、ご返信は○○(上司の名前)の○○@~(上司のアドレス)へとよろしくお願いいたします。」

このように書いて送信を行います。

上司の名前は呼び捨てで書くということも忘れないでください。

代理でメールをするなら上司の確認を必ず取ること

上司の代理でメールを送る場合には次のような点に注意をしましょう。

「余計なことは書かない」

上司から指示された内容以外のことは、書かなくて大丈夫です。

むしろ、余計な補足などをしてしまうと誤解を招く恐れがあります。

上司から信頼をされているから代理を頼まれたと思います。

あくまでビジネスメールだということを忘れずに、簡単な挨拶と要点だけを添えて送りましょう。

「補足をする場合には自分で責任を持つ」

代理で先方へメールを送る際に、どうしても補足をする必要が出てきた場合には、必ず上司に確認をしてから行います。

確認をせずに補足や修正を行う場合には、責任は自分で負いましょう。

あくまで代理人である以上は、勝手なことは行わないということが鉄則です。

代理でお礼メールを送る場合の書き方

上司から代理で頼まれるメールの中で「お礼のメール」の送り方をご紹介します。

大事な取引先へのお礼メールは、失礼のない文章を書く必要があります。

感謝の気持ちが伝わるビジネスメールとは、どのようなものなのでしょうか。

覚えておくと上司に信頼をされるかも知れない、そんなメールの例文のポイントを参考にしてみてください。

「タイトルに代理人からだと表示する」

まず代理人である人からのアドレスでは先方が分かりにくくなるため、タイトルにはこのように記入をします。

【○○(上司の名前)より御礼】

タイトルにはっきりと書いておくだけで、相手に代理人からだということが伝わります。

ぜひ忘れないで記入をしましょう。

「お礼の文面の書き方」

・品物を頂いた場合

【○○様

日ごろより大変お世話になっております。

○○○○(会社名)○○(上司の方の名前)の部下、○○と申します。

このたびは、○○(上司)あてに大変結構なお品をお送りくださり、ありがとうございました。

部署一同、○○様の心づくしに大変感謝しております。

今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。】

このような文章が望ましいかと思います。

頂いた品物に対してちょっとした感想を添えると、より一層感謝の気持ちが伝わります。

もっと簡単なお礼として済ませる場合にはこのような文章も有効です。

【いつもお世話になり、ありがとうございます。

○○に代わってお礼申し上げます。】

【○○がお礼を申しておりました。

いつもお心遣いいただき、ありがとうございます。】

このようなひと言を覚えておくと色んな場面で使えます。

「メールで上司へ報告」はNG?

ここまで、上司の代理でメールを送る場合の書き方についてご紹介をしてきました。

これは上司から指示された場合にのみ有効で、指示された内容以外の余計なことは書かないということが鉄則です。

しかし、仕事をする上での連絡手段は基本的には電話が主流だという企業は多いとと思います。

「最近の若者はメールで連絡をしてくる」という声も多く聞こえてきます。

大切な連絡はすぐに電話ですることが社会人としては重要です。

その内容によっては、メールの方がいい場合もあります。

ただ、そのような指示がない場合の連絡方法は電話が1番だということは忘れないでください。

メールを受け取る側は毎日たくさんのメールを確認しなくてはいけません。

その中に重要なメールを送ることはあまり望ましくはないですよね。

メールを送信して報告が完了をしたと思うのはよくないです。

『メールを相手が確認をした時点で完了をする』ということを忘れないでください。

 - PC

ページ
上部へ