仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

「ありがとう」への正しい返信は?失敗しない上司へのビジネスメール

   

「ありがとう」への正しい返信は?失敗しない上司へのビジネスメール

「ありがとう」と上司からメールが届いたらどう返信しますか?「どういたしまして」はOK?それともNG?

迷ってしまう上司からのねぎらいに対する正しい返信を教えます。

ビジネスマナーを身につけて上司との気持ちのよい関係を築きましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


何て答えてる?上司から「ありがとう」とメールが来た時のみんなの返信

いつも一緒に仕事をしている、職場の上司。

ふとしたことで上司から「ありがとう」とメールが送られてきたらあなたは何て返信をしますか?

ビジネスマナーとしてのメールはわかるのに、こうした上司からのお礼に対する返信マナーは意外とわからないものです。

では「ありがとう」に対するみなさんの返信を見ていきましょう。

【「はい!」と言ってしまう】

ふだんお礼など言われたことがないので戸惑ってしまいますが、「はい!」とか「いえいえ、そんなことありません」など言ってしまいます。

【「いいえ、ありがとうございました。」】

こんなにねぎらってくれる上司がいることに心から感謝をします。

嬉しい気持ちを素直に表現すればいいと思います。

【「とんでもないです」】

さほど親しくない上司なら「いえいえ、とんでもないです」と言ってしまいます。

※「とんでもないです。」が一つの言葉ですので、よく言われている『とんでもございません。』は使わないように。

距離感にもよりますね。

【「お役に立てて嬉しいです」】

言葉に迷いますがこのような言葉で返信しちゃうと思います。

バイト先などの軽い雰囲気なら使っていました。

上司からの「ありがとう」きちんと返信するのがマナー

どんな相手でも何かしてもらったり、贈り物を受け取った時には感謝の言葉を伝えると思います。

それがたとえ上司だとしても、きちんと気持ちを伝えましょう。

上司から「ありがとう」と感謝やねぎらいの言葉をかけられると何て返信すべきか迷ってしまいます。

考えた結果、返信しないままにしてしまう人もいますがそれはNG。

きちんと自分の素直な気持ちを伝えましょう。

【深く考えずに返信をする】

上司から「ありがとう」などとメールが届いたときはとても嬉しい気持ちになりますね。

その気持ちをメールに託して返信をしましょう。

「ありがとう」など上司からねぎらわれた時の返信例

では実際に「ありがとう」に対してどんな返信をするのが誠実であり、ビジネスマナーであるのでしょうか。

親しい友人なら「どういたしまして」などと言ってしまいますが、相手は上司。

「どういたしまして」以外の言葉を使って返信をしましょう。

「ありがとう」に対する返信例

部下に対して気づかってくれた上司には、このような言葉で返信をしましょう。

  • 「お気遣いありがとうございます」
  • 「温かいご配慮ありがとうございます」
  • 「嬉しいお言葉ありがとうございます」

このような言葉がやはり適しています。

上司との関係性や距離感によっても、言葉の選択は変わります。

もう少し砕けた表現をするなら、こちらの例文も使えます。

  • 「とんでもないです。お役に立てて幸いです」
  • 「こちらこそありがとうございます」

このような言葉を使うことでより自分の気持ちに沿った返信ができます。

不快な気持ちにさせないさまざまな表現を身につけることで、ビジネスマナーとしても成立させることができます。

上司に対して「どういたしまして」は不適切?

仕事のことで悩んだり、難しいプロジェクトに取り組んでいる時に「ありがとう」と上司からねぎらわれたら…。

そのひと言はとても重くて心に響くものですね。

これに対して「いえいえ」「そんなことないです」なんて軽く答えることはできません。

「どういたしまして」という言葉もつい出そうになりますが、この表現はこの場には適していません。

上司に「どういたしまして」と使うには

この「どういたしまして」は目上の人に対して使うには適した表現ではありません。

ビジネスマナー的にもNGとなってしまいます。

ただ、その上司との距離感によっては「どういたしまして」でもOKです。

日ごろから色々な話をしたり、お互いに打ち解けている場合にのみ使えます。

ただし、きちんと誠実な言葉を使うことも大切です。

尊敬の意識をしっかりと持ちましょう。

上司からのアドバイスに対する返信マナー

会社へ就職したらビジネスマナーを身につけることでトラブル回避や気持ちのよい関係性を築くのに役立ちます。

1番メールする頻度が高い上司とのやり取りこそマナーを学ぶチャンスです。

上司からアドバイスを受けた時のメール

件名:アドバイスのお礼

本文:
お疲れ様です。○○部の○○です。

先日はお忙しい中、私の為にお時間を頂きありがとうございました。

また、頂いたアドバイスのおかげで少しづつ快方へと向かっています。

今後もご相談に乗って頂く機会があるかと存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

上司への敬語マナーに気を付ける

NG:「了解しました」

OK:「承知いたしました」

NG:「ご苦労様です」

OK:「お疲れ様です」

上司と親しい間柄であっても、このようなメールマナーは守りましょう。

 - メール

ページ
上部へ