仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

パイロットはある程度の英語力、toeicのスコアが必要

      2017/09/28

パイロットはある程度の英語力、toeicのスコアが必要

英語の話せないパイロットがいると思いますか?

あらゆる職業に英語力が求められるようになってきたので、

パイロットであればなおさら、国内線だから話せなくても

いいというわけではないようです。

もちろん、toeicがハイスコアなほど良いですね。

航空業界では今やどの職種でも、ある程度の英語力は必要なようですよ。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


英語力を必要とするパイロットなどのtoeicスコア

航空業界、新卒時のTOICEスコア

新卒を採用する時の判断基準は、英語力よりも人物を重視しているので、TOICEのスコアを直接絞込に使うことはないという企業も多いです。

しかし、目安としてできれば入社までに取得しておいてほしいスコアはあるようで、それぞれの職種によって異なる目標の数値を伝えているようです。

最低限のコミュニケーションはとれると考えられているスコアは大体600~700点程度です。

実際は仕事をすすめる上で、英語力がないことが致命的になるケースもありますので、今後はますます語学力が重視されていくでしょう。

語学力を重視する職種

職種によって英語力を必要とするかどうかの程度はあるものの、多くの職種で英語を使う機会があるといえるでしょう。

例えば海外で講義を受ける自社養成のパイロットの場合、講義が英語で行われるため、英語力がないと講義についていけなくなってしまいます。

今まで英語を必要としなかった部署も、年々海外との連携が増えていくことから、どの部署も英語力が必要になってくるでしょう。

総合職でも、2~4年ごとに異動があるので、英語を必要とする部署へ配属される可能性もあるのです。

パイロットになりたいなら、toiceで英語力を試そう

パイロットに英語力が必要なのは皆さんご存知ですね。

しかし、そのレベルはどのくらいあればよいのでしょうか。日常会話程度でよいのでしょうか。

そこで客観的に判断する基準としてTOICEがあります。

航空会社の募集要領には英語力がどの程度必要なのかを記載しているところが多いです。一般的にはTOICE何店以上という基準を多く見かけます。

例えば、大手航空会社のANAだとTOICEスコアは650点以上です。

パイロットになるのに、学歴は必要ないと言われますが、高学歴の人が多いのは、学生の時からコツコツ英語の勉強をしていた人が多いせいかもしれませんね。

TOICEのスコアが高くても、職業でよく使う言葉と直結するわけではありませんので、本当に英語力を磨いていくのは訓練に入ってからのようです。

TOICEは英語力の目安だが、パイロットには必要

航空会社のほとんどが、一定の英語力をパイロット採用の際に必要としています。

TOICEのスコアそのものが使われることがなくても、英語の筆記試験や、英会話での面接を行う会社もあります。

流暢に話しができるほどの英語力は必要されていないでしょうが、全くできない場合は、選考中不利になることも考えられます。

また、自社で養成されるパイロットの場合は、海外の外国人教官に訓練を受けることも多いそうです。

訓練までに例えばANAの場合だとTOICE650点を取得するよう求められることもあるそうです。

いつかは必ず必要となってくるので、学生の間に少しでも英語の勉強をしておいた方が良いと思います。

パイロットになるための道

パイロットを目指すなら、大きく分けて3つの方法があります。

1)航空会社の自社養成コース
2)航空大学校進学
3)有資格者採用(事業者ライセンス取得者)

自社養成コースは誰にでもチャンスがありますが、海外の大学で航空操縦学を学ぶという選択もあります。

海外大学への留学のメリット

国内の大学と比べると、比較的経済的な負担が少なくていいのと、入学した初学期からフライトトレーニングが始まります。充実した施設の中で、より実践的なカリキュラムで、質も高い教育を受けることができます。

ライセンスを取得することも可能なので、卒業後は有資格者採用枠に応募することができます。

また、よりスキルを万全にするために、海外の大学で学んでから国内の航空大学へ進学する人もいます。

国内大学の航空操縦学科は、卒業するまでに約1,500万円から2,000万円必要だそうです。

海外大学の場合は、大体800万円程度。おおよそ半額から三分のニ程度の費用で、実践的なトレーニングも行えるので人気があります。

パイロットは、どれだけ飛行したかによって、信頼度が得られるからです。

Professional Licenseを取得するためにはフライト時間が、フライトシュミレーターを含む250時間必要になります。フライト時間は継続して上乗せが可能なので、よりたくさんフライトの経験がある方が就職が有利といえますね。

toeicで高得点をとるための方法

TOICEの必勝法

TOICEでは、テストの仕組みを理解することが最重要課題と言えます。

毎回同じパターンで出題されるので、それを熟知して対策をとればよいのです。

セクションは、リスニングとリーディングで細かくパートに分かれています。時間は二時間、問題数は200問です。

このパターンは毎度繰り返されるものなので、その内容を詳しく分析してみましょう。

まず、リスニングの場合は、写真描写10問、応答30問、会話30問、説明文30問に分かれています。

リーディングの場合は、短文の穴埋めが40問、長文の穴埋めが12問、読解が28問となっています。

この問題の出され方に慣れておくだけで、随分スムーズに解き進めることができると思います。あとは、シュミレーションして時間配分なども身体に覚えさせることですね。

 - 就活, 試験・資格

ページ
上部へ