仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

「介護の仕事が辛い…」体験談と現場の厳しさ

      2017/09/28

高齢化社会にとって介護の仕事を選ぶ人はとても貴重な存在となっています。

しかし介護の現場の厳しさが浮き彫りとなっているのも確か。

「仕事が辛い…」と訴える人の体験談に耳を傾け、その実態について考えてみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
パートの時給が上がらない理由や対処法を教えます!

生活費の足し、自分のお小遣い、有意義な時間を過ごしたい・・・...

no image
【JR】駅員の仕事は大変?収入や苦労する仕事内容


毎日1,700万人の利用者があると言われている駅...

no image
覚えておいて!職場でプライベートを詮索されたときのかわし方

職場に仲の良い人はいますか?

...

no image
旦那が転勤に行きたくないと思った時に知っておきたい5つのこと

旦那さんが「転勤になった」と言ってきたらどうしますか? <...

no image
接待が苦手・・でも仕事の為に頑張りたい!そんなあなたへ

働いていると接待しなければいけないことがあります。

no image
バイトでの失敗は『怖い』へと繋がる!対処法を覚えておこう

バイトで失敗してしまうということは、バイトをしたことがある人...

no image
家計が苦しい!パートか専業主婦かと悩む女性に伝えたい5つのこと

結婚して専業主婦になるというのが子供の頃からの夢だった。 ...

no image
職場の愚痴を言いたいのに言えない・・そんな時の対処法

社会人になると学生の頃と比べるとストレスが多くなってきます。...

no image
職場での電話は緊張するから苦手・・・克服するコツ教えます!

プライベートではメールやLINEばかりで、電話をかけることが...

no image
工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

no image
マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

no image
通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

no image
【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

no image
【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

no image
内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

no image
銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

no image
【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

no image
【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

no image
【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

no image
青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

スポンサーリンク


介護の仕事が辛い…高卒18歳の体験談

高齢化社会となった日本では介護職を選ぶ若者が増えてきました。

介護の仕事というものは常に人の世話をするものであり、非常に重労働となっています。

今回は「介護の仕事が辛い…」と語る人達の体験談をご紹介していきます。

介護の現場はどんな様子なのかについてもぜひ注目をしてみてください。

「高校卒業後に入社をした若者の体験談」

高卒後から入社をしてほんの5日ですがすでに辛いです。

職員の多くは優しく指導してくれるのですが、中には厳しく口が悪い人がいます。

厳しく注意するのは私のためにしてくださっていると頭では分かっていますが、少しでも手順や準備を忘れてしまうと「この前も言ったよな」と厳しい言葉をかけられます。

これについては自分なりにしっかりと改善すべきことだと何とか思い直すことができましたが、どうしても腑に落ちないことを言われてしまいました。

それは、ほかの職員から指導を行ってもらっている際、私のすぐそばである方が転倒をしてしまいました。

無傷で済みほっとしたのもつかの間、あの厳しい職員から「なぜ気づかなかったのか!?」と詰め寄られました。

確かに転倒を防げなかったことについては悔やみますが、出来ることと出来ないことがあると思います。

まだ働いて間もないのですが正直このまま続けられるのかが不安です。

ただのアルバイト扱いで時給も安いし、心底辛くなってしまいました。

介護の仕事が辛い…給料が安いから辞めたい

「給料が安いから辞めたい」

少しでも人の役に立ちたいと思い介護職を選びましたが、イメージ通りとてもきつい仕事です。

肉体的にも精神的にも辛い仕事なのに給料が安い。

これでは続けることが難しいですよね。

1日に何度も人を抱えたり、下の世話もしなくてはなりません。

利用者に心無い言葉をかけられることもあります。

さらに辛いのが日勤だけではなく夜勤もあるので不規則な生活が続きます。

利用者は施設が家となっているので24時間体制でシフトが組まれます。

このために早出や遅出をしたり、長時間労働を強いられることも少なくはありません。

休日も月に8~9日程度でもちろん土日は休めません。

お正月やお盆なども関係なく、長期休暇を取ることもできません。

不規則な生活が続いたおかげで体調を崩しやすく、友人と遊ぶことも減ってしまいました。

恋人と過ごすことも予定が合わずにできないまま。

これでは私生活がおかしくなってしまいます。

給料が安い上にこのような生活を続けることはやはり辛いです。

介護職を退職する場合の理由

介護の仕事を続けられないと思い退職をするならどのように行うべきかをまとめてみます。

とくに退職理由はどのように伝えるべきなのか…みなさん悩むと思います。

・介護の仕事を辞める場合の退職理由

さまざまな理由から介護の仕事を退職をしたいと考えると思いますが「仕事が合わなかったから」と上司に伝えてしまうのはどうなのでしょうか。

さらに「給料が安いから」「人間関係がこじれて」など、そのまま伝えてしまわずに次のような理由にしてはいかがでしょうか。

介護はとにかく体力勝負の仕事。

「疲れてしまった。」と伝えるのも、正直で良いのではないでしょうか。

また、介護職としてキャリアアップをしたいと思っている場合は素直に伝えてみることも。

例えば「ケアマネジャーを目指しているので介護老人保健施設への勤務を希望しているから」など、具体的な目的が言えるなら話してみましょう。

その上司によっては次の転職先へのアドバイスをしてくれると思います。

介護の仕事をやってよかった!という意見や勤務体制の違い

介護の仕事が辛いという体験談やマイナスな部分ばかりをご紹介してきましたが、もちろん「介護の仕事をやってよかった」と思う面もたくさんあります。

「介護職のいいところ」

・仕事を見つけやすい

・色々な人との出会い

・資格を取るとキャリアアップできる

・やりがいのある仕事である。

マイナス面ばかりが続く場合はキャリアアップを図るのも手です。

また給料面で大きな不満がある場合はほかの施設へも目を向けてみましょう。

自分が続けられる現場や会社に所属することがやはり大切ですね。

そして介護施設によっても勤務体制が大きく異なります。

自分の都合に合う職場を探しましょう。

・デイサービス

日勤を中心に働きたいのであれば「デイサービス」または「デイケア」が向いています。

正社員よりもパートや派遣での募集がメインとなっています。

・特別養護老人ホーム

夜勤が多い職場は「特別養護老人ホーム」や「グループホーム」です。

24時間体制でのシフトが組まれるので日勤だけで働きたい場合はこのような施設は向いていないでしょう。

勤務時間について相談ができる施設を探してみてください。

「介護の仕事」というと、上記の様に辛い面ばかりがクローズアップされてしまいがち。

 

しかし、大変やりがいのある仕事です。

私は札幌市で7年間、ターミナルケアの病棟に勤務していました。
結核になってしまい、免疫力が下がってしまい、自分の納得できる仕事ができなくなり、辞めました。

痴呆が激しく、時には患者様に暴言を言われることもありました。
しかし、その暴言は、痴呆という病気からくるものなのです。

考えてみましょう。

もし、今目の前にいる人が、愛する人だったら。
もし、今目の前にいる人が、愛する家族だったら。

一生懸命に生き、その終末を迎えようとしておられる人生の先輩のお世話をさせていただくことは、大変光栄なことだと思いませんか?

「ありがとう。」と感謝され、患者様から「笑顔」の頂ける、経験した者にしか感じられない、充実感と、やりがいを感じられる仕事です。

毎日がドリフで、毎日が笑いと愛に満ちたそんな7年間でした。

 - ライフハック, 実習, 就活, 試験・資格

ページ
上部へ