仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

大学職員の年収は国立と私立大学で大きく異なる

      2017/09/28

大学職員の年収は国立と私立大学で大きく異なる

大学の運営を支える「大学職員」という職業は実は年収が高いという噂があります。

この真相について迫ってみると大学によって大きく異なることがわかりました。

年収が高いのはどんな大学であり、その給与体系についてご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


大学職員の年収が高いという噂は本当?

さまざまな職業がある中「大学職員」の年収が高いと噂されています。

教授や講師ではなく職員という仕事に就いた場合の給与体系について詳しい内容をご紹介していきたいと思います。

大学職員の仕事内容とは、大学を運営するサポートをして学生が快適に大学生活を送れるように支えることです。

給与体系について調査を行ってみると大学によって大きく違うことや福利厚生や手当なども異なることがわかっています。

ひと昔前までは住宅手当が10万円まで出たという話もあるのですが、今現在はどうなのでしょうか。

年収も右肩上がりだという話ですがどの程度の年収なのかも気になりますね。

これから大学の職員へ就職・転職をしたいと考えている方はぜひ参考にしてください。

大学職員の年収額は国立と私立で大きく異なる

大学職員の年収の平均額は国立大学と私立大学で大きく異なります。

厚生労働省の資料によるとこのような平均額が出ています。

国立大学の場合は約556万円、私立大学の場合は約734万円となっています。

私立大学の方が約178万円ほど上回っているという結果となり、その差は大きいことが分かります。

さらに私立大学の大学職員として働く40代の年収額が1,000万円を超えることも少なくないとか。

月収で見てみると、国立大学の場合は平均30~35万円に対し、私立大学の場合は45~50万円となっています。

大学によってこの金額には差がありますが、大学職員の年収は私立大学の方が多いということがわかります。

大学職員の年収を東京大学と早稲田大学で比較してみる

大学職員の年収が高いという噂を聞いて転職を考える人も少なくはありません。

先ほどの結果によれば40代の年収が1,000万円を超えることもあることから、魅力的な職業かと思われます。

ただし大学によって金額の差があるので実際にはピンキリだという意見も多いのが現状です。

やはり都内有名な私立大学の年収は高く、そうではない地方の国立大学であえば低い傾向にあります。

まずは大学ごとの給与体系を調べて検討をしてみましょう。

ここで国立大学である東京大学と私立大学の早稲田大学の場合での給与体系を見比べてみましょう。

東京大学の初任給:月給202,335円

早稲田大学の初任給:月給223,420円

いずれも大学の学部卒での例です。

この金額をベースに年1回昇給、年2回の賞与や住宅手当、通勤手当等が付加されていきます。

経験年数や管理職に就いた場合についても金額が異なり、年収が大きくアップすることも期待できます。

大学職員の給与と賞与は下降傾向

大学職員の年収について調査を行い比較をしてみると、国立大学と私立大学によって異なることがわかりました。

そして有名大学と無名大学によっても金額の差が見られます。

首都圏と地方の差もあることがわかり、とくに地方大学では今後給料は下がることはあっても上がる見込みがないとも言われています。

これまで大学の賞与というものは一般企業のように景気に左右されずに固定金額が支払われてきました。

しかし近年はこの賞与の切り下げが各大学で行われており、全体的な平均年収も下降している傾向にあります。

今後景気が回復しても元の年収に戻るのか?と言えばその見込みもないとのこと。

過去のバブル時代と呼ばれたころには2桁分の賞与が支払われたこともありますが、今では5か月または5か月分に留まっています。

もちろん大学によっても違いはありますが、全体的に年収は下降しているということがわかります。

大学の専任職員と嘱託・契約職員について

・専任職員と嘱託・契約職員の違い

大学によっては専任職員とは別に嘱託や契約職員の採用が行われています。

この違いは一般企業なら正社員と契約社員のようなものです。

嘱託や契約職員の募集要項を見つけたら次のようなポイントをよく確認をしましょう。

・契約期間や年数

・契約更新が可能かどうか

・専任職員へ登用制度があるかどうか

大学によっては契約期間のおよそ3年程度で契約更新はできないこともあります。

同じ大学で長く勤めたい方はこの点について考えるべきです。

ただ、この契約期間を利用をしてさまざまな大学を渡り歩いて勤務している方も存在しており、メリットと捉えることもできます。

契約期間を終えてから専任職員への登用を行う大学もあるので、自分にとって都合のよい方を検討すべきですね。

嘱託や契約職員よりも専任職員の方が基本給が高くなり、年収アップも望めます。

また退職金規定も異なることから専任職員を目指した方が給与面では有利ではないでしょうか。

大学職員の年収についてご紹介してきましたが、大学によって大きく異なることや近年では下降傾向にありということもわかりました。

大学という職場に魅力を感じるのであればさまざまな大学を比較検討をすることが大切なようです。

 - ライフハック, 就活, 給与

ページ
上部へ