仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

突然の会社解散!退職金は受け取れるのか解説します

   

突然の会社解散!退職金は受け取れるのか解説します

ある日突然会社から「解散します」と言われる…こんなドラマのようなこと、実は本当にあるんです。

ただ、倒産とは違う「解散」とは一体どういうことなのか、この場合は退職金を受け取ることができるのか。

これについて詳しくご説明いたします。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


会社が「解散」とは?退職金はどうなる?

突然の「会社解散」通告が行われた人はとても戸惑ってしまいますが、そもそも「解散」とは一体何でしょうか。

倒産とはどう違うのかが分かりにくいですね。

【会社解散】

会社解散というものは、会社の事業や営業を全て停止をして債務整理に入る状態のことを指します。

倒産の一歩手前のような捉え方もできますが、倒産は再建する可能性もあるのですが、解散は会社組織そのものを無くしてしまうので再建はありません。

【会社倒産】

一方会社倒産とは、経済的に破綻している状態を指します。

経営困難に陥って不渡りとなったり、破産や更生、再生手続きが行われた時に倒産したことになります。

この場合は事業を停止しているだけの状態でもあり、再建する可能性があります。

会社解散だと退職金が受け取れないケースもある

なぜ解散することになったのか、理由によっては退職金が支払われないこともあります。

また、退職金規定そのものがない場合は会社は支払う義務がありません。

突然の解散!会社が「退職金共済」に加入しているかどうか

従業員にとって会社解散によって職を失うわけですから、退職金が受け取れるかどうかが重要になってきます。

この場合、会社が退職金共済に加入をしていれば受け取れます。

ただし理由や状況によっては支払われない場合もあります。

退職金共済制度

会社が「退職金共済」に加入をしていることで会社とは別の機関から退職金が支払われることになります。

多くの中小企業は加入を行っており、たとえ倒産をした場合でも受け取れるようになっています。

労働基準監督署に相談をする

会社解散をした後に、労働基準監督署が退職金を立て替える場合もあります。

退職金がどうなるのかわからない場合はこちらに相談をしましょう。

会社の解散日はいつ?退職金の金額

会社解散が行われる時、本来であればいち早く従業員に通知するべきですがおおかた場合は突然に発表されることが多いです。

退職金制度がある会社なら退職金を受け取れることができますが、理由や状況によっては不可能となることもあるので深刻な問題となってしまいます。

退職金が支払われる場合は会社都合退職金となり割増の金額となります。

また、年代別や勤続年数によって割増金額が提示されることも多いです。

金額に不服の場合は申し出ることができる

もし退職金の金額に納得がいかない場合は増額を申し出ることが可能です。

経営責任を従業員が問うことはできず、できるのは株主となってしまいます。

解散の日付

会社解散の日付については取締役会を経て株主総会で承認された日となります。

解雇手当については、解散の1ヵ月以上前に通知することで手当を支給しなくてよくなります。

逆に言えば、突然の通知であれば解雇手当を受け取ることができます。

会社の解散の種類と「会社清算」

経営困難となり会社解散が行われてしまう前の打開案として「整理解雇」や「事業譲渡」が行われることもよくあります。

整理解雇とは

事業の存続が厳しくなった時に人員整理を行って経営を見直すことを言います。

「早期退職」「リストラ」などとも言われますが、退職金を上乗せされる場合が多いです。

この場合は失業保険も退職後すぐに支払いが開始されます。

事業譲渡とは

この場合は理由がない限り、従業員は承継することになります。

承継はしないという特約があれば元の会社に残ることができます。

ただ、退職をする選択もできます。

会社清算

会社解散のあとは債務整理などを行うために「会社清算」が始まります。

精算をして財産が残った場合は株主に分配することになっています。

会社清算の前に「解雇」が行われるのが正当なやり方

働いている会社から突然の「解散」を言い渡されてしまうと退職金の問題だけではなく、その人の家族も巻き込んでしまうのでとても重大な問題となってしまいます。

切羽詰まった状態で会社解散をするのではなく、十分な協議や説明義務を会社は果たさなければなりません。

会社解散をする前に、まずは従業員へ解雇通知を行う方が優先順位です。

会社解散をする1ヶ月以上前に通知をすることで解雇手当を支払わなくてよくなります。

従業員にとってはやはりしっかりと退職金を受け取ることが重要ですね。

退職金も出ないケースがとても多い

このようにしっかりと退職金を保証する企業もあれば、突然の通告をして退職金も出さないことも多いです。

1ヶ月以上前に通知されたらまだ良心的な方だと思いましょう。

突然のことで大変不安になってしまいますが、そのような会社にしがみつくのではなく、もらえるものはしっかりと受け取って新しい職場を探す方へと頭を切り替えましょう。

 - 給与

ページ
上部へ