仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

警察官は高卒で採用されると給料が安い?その実態について迫る!

      2017/09/28

警察官は高卒で採用されると給料が安い?その実態について迫る!

警察官になるにはどのような経緯でなるのかはご存知でしょうか?

実は高卒でも目指すことは可能です。しかし大卒よりも給料に差があると言われていますがそれは本当なのでしょうか?

また、高卒だから不利になるようなことはあるのかが気になりますよね。

そんな警察官の実態について調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


高卒の警察官は給料が安い?昇進できない?

将来は警察官を目指したいけど、高卒で目指すことについて色んな意見があります。

例えば「給料が安い」「出世できない」なんていうことをよく聞きますが、やはり大学を卒業してから目指した方がいいのでしょうか。

高卒で警察官を目指すのはやはり考えなおすべきなのかどうなのか…。

このように悩む人へ、今回は高卒の警察官と大卒の警察官を比較してみます。

気になるお給料や昇進についてなど、くわしく追及をしてみたいと思います。

警察官になる夢を諦めず、ぜひ参考にしてみてください。

警察官の初任給の給料を大卒と高卒で比較してみよう

高卒と大卒の警察官の給料面から比較をしてみましょう。

これは警察庁で働く警察官の初任給です。

高卒:208,000円

大卒:247,000円

年収に換算をすると330万円~380万円となります。

ボーナスは夏と冬の2回で基本給の4.2か月分が支給されます。

これは警察庁での例ですが、地方の県警で採用された場合はもう少し下がります。

関東圏の場合は警察庁と変わらない金額になることが多いようです。

そしてこの金額は総支給額となり、ここから税金などの控除が引かれるため手取りはもっと少なくなります。

給料が上がるペースについてですが大卒であれば30歳頃には月給30万円程度となり年収は550万円ほどだということが一般的な平均額のようです。

昇給ペースは1年に1度、1万円程度のようです。

高卒と大卒を比較するとやはり給料の差があるようです。

ただどこで働くかによっても大きな違いがあるために、これだけで判断することは難しいようです。

高卒の警察官でも給料の差を縮めることは可能!

高卒で警察官に採用されるのと大卒で採用された場合での初任給に3万円以上の差が出てしまいます。

こうなるとやはり大卒の方がいいのではないか?と思ってしまいますが、高卒で採用された人は大卒者よりも4年前から働いてお給料をもらっています。

その分を計算してみればその差はあまり気にならないかも知れません。

そして給料をアップさせるには昇任することが必要です。

これに関しては高卒だからという理由にはならず、実力勝負で昇給させることができます。

・キャリアアップをしたいのなら大卒がいい

地方公務員として警察官になるのではなく、警察庁で鼻楽国家公務員いわゆるキャリア組になりたいのであれば大学を卒業しないといけません。

その理由は、国家公務員採用試験を高卒者では受けることがでいないからです。

身近な警察官ではなくキャリアコースの道へ進みたいと考えるのであれば、大学への進学を考えるべきですね。

警察官の充実した福利厚生

ここでは警察官の福利厚生をご紹介します。

将来安心して働くためには必要な制度がたくさん用意されています。

とくに転勤が多いので住まいや子供が生まれたときの制度などが気になるところかと思います。

これから警察官を目指す人はぜひ参考にしてみてください。

「住居」

・単身なら独身寮

・家族がいる人ならそれに見合った住居へ入居が用意されます

「福祉・共済」

・病気やケガをしたときは医療費の給付金が支給

・結婚や出産した際にはお祝い金

・災害時のお見舞金支給

・住宅などの購入資金の貸付等の利用も可能

・教育助成制度もあり、夜間大学や通信教育で公的な資格を取得する際には助成金が出ます

「有給休暇」

・年間20日を利用することができ、残った分は翌年に20日を限度に持ち越すことが可能

「育児休業制度」

・子どもを育てながら仕事をする警察官のために育児休業を許可

・子どもが病気の際には部分休業を利用することも可能

「レジャー」

・保養施設

・ジム等の施設の利用

警察官になるまでの流れ

ここまで警察官の給料面や出世や福利厚生についてまとめてきました。

でもやっぱりまずは「採用試験」に合格しなくてはいけません。

採用試験の内容から合格までの流れをご紹介します。

・採用試験の内容

警察官とはつまり地方公務員になるということです。

公務員試験に合格をするということは並大抵のことではないことが分かりますよね。

高卒で公務員試験に合格することはかなり難しいことです。

専門学校へ行ってから採用試験に挑む人も中にはいます。

・採用試験で行われる面接の内容

よく聞かれることはこのようなことです。

最近あった事件についてのことや、警察官に対するイメージなど。

時事問題は必ず聞かれるようなのでニュースや新聞は常にチェックをするようにしましょう。

自分なりの考えをはっきり言えるように練習をすることも大切です。

・採用試験に合格したら

試験に合格する

警察学校へ入学

(高卒なら10カ月、大卒なら6カ月)

警察官

このような流れで警察官となり、実際の職務に就くことになります。

 - 給与

ページ
上部へ