仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム

   

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム

「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員です。

今回は、公務員の昇給の時期について詳しくお伝えしていきます。

民間との違いは大きく、とても細かい給料システムを持つ公務員。

昇給するための条件や平均額についてもご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


公務員の昇給時期はいつ頃?

これから公務員を目指す人、公務員への転職などをお考えの方はその収入も気になるポイントかと思います。

公務員は言わずと知れた「安定した収入」が得られる職業の代表的存在となっていますが、その給料の仕組みに興味がある方は多いのではないでしょうか。

月給や年棒については公開されていますが、昇給がどの時期にどのような条件で上がっているのか、その金額はいくらなのかまでは分かりません。

「1号棒や級とは?」

公務員業界では、昇給する時に使われる「〇号棒」「級」という言葉を使っています。

昇給する基準として「〇級〇号棒」と細かい数字によって表されるようですが、民間企業ではこのような表現はしません。

ここからは公務員の給料システムを解説し、昇給時期を明らかにしていきます。

1年に1度!公務員の昇給時期は決まっている

「公務員の昇給時期」

国家公務員の昇給時期については法律上決められています。

実は、国家公務員の昇給時期はこれまで年4回(1月、4月、7月、10月)となっていましたが、今は1年に1回に変わっています。

現在の昇給時期は1月1日に統一されています。

「定期昇給と昇任昇給の2種類がある」

公務員の昇給は2種類あり、年1度の定期昇給と、昇任による昇給です。

昇任は直近2回の能力評価を元に判断され、人事院が定める条件を満たした場合に任命されます。

「民間よりも厳しい審査がある」

公務員の昇給が認められるためには、能力評価や定められた条件を満たしているかどうか、経験値などを細かく判断されて決定されています。

民間企業の昇給よりも明確かつ曖昧さはない給料システムを持っています。

昇給額についても細かい段階で設定されています。

公務員の昇給する条件・時期と給料の仕組み

毎年1月1日に昇給が行われる公務員ですが、昇給を表す基準に「級」「号棒」を用います。

この2つの意味合いをまとめていきます。

「級」

勤務の経験値や難易度、その責任の度合いを表すのに「級」を用います。

勤続年数が長ければその分級も上がり、上がるにつれて給料も高くなります。

「号棒とは」

職員のその年1年が評価を5段階にして表しているのが「号棒」です。

棒級表に基づいて細かく設定されており、自分の置かれる立場と勤務評価によって何号上がるかが変わります。

極めて:8号棒以上

特に良好:6号棒

良好:4号棒

やや良好ではない:2号棒

良好ではない:なし

このような段階目安によって昇給額が決定されています。

地方公務員についても同じような評価段階に基づいて昇給額が決められています。

公務員1年目の昇給は?1号棒低くなる

公務員の昇給時期やシステムが分かったところで気になるのが、「1年目の公務員」についてです。

春から就職した場合は次年度の1月1日に昇給は果たしてされるのでしょうか。

「就職1年目の公務員は1号棒少ない」

4月1日付けで入社し、公務員として働き始めた1年目の職員の場合でも昇給評価は行われます。

ただ、必ず1号棒少ない評価が付けられてしまいます。

その理由は、4月~12月末まで9ヶ月での評価となるので、ほかの職員より3ヶ月分少ない勤務日数となります。

その分どうしても1号棒少ないことになる、という理由です。

その人の勤務状況や内容によって評価は変わりますが、「1号棒少ない」と感じてしまっても、悪い評価という意味ではないとのことです。

平均昇給額と公務員の手当

「公務員の昇給額」

勤務状況や経験などの評価により、級や号棒で昇給額が変わるということは分かりましたが、その金額についてが最も気になる点です。

ただこれは、学歴やどの職に就くかによって差があるので平均額は表すことはできません。

大卒で行政職に就いた場合の昇給額

大卒で行政職に就いた場合の昇給の場合なら、このような金額になります。

初任給:1級19号180,800円

4号級昇給した場合は、1級33号の187,700円となり、6,900円金額が上がることになります。

就職したばかりは1級から始まりますが、勤務年数や昇任によって上がっていきます。

これに経験値の評価がプラスされていくので、公務員としてのやりがいを感じる材料となるでしょう。

ただこれは、民間企業と比べた場合は少ない可能性もあります。

「とにかく多い!公務員の手当」

公務員の昇給額は厳しく評価されますが、民間企業よりも有利になる点が手当です。

とにかく手当の分野やその数が多いことから、何かあった時でも安心して働ける職場と言うことに納得をします。

民間企業ではあまり見られない手当の一部をご紹介します。

  • 寒冷地手当
  • 特地勤務手当
  • 特定任期付職員業績手当
  • 期末手当
  • 勤勉手当
  • 管理職員特別勤務手当
  • 産業教育手当
  • 義務教育等教員特別手当
  • 定時制通信教育手当
  • 農林漁業普及指導手当

このほかにも数多く存在しています。

この手当によって、民間企業に差をつけているのも確かです。

確かに安定した収入が得られる職業かも知れませんが、これから公務員を目指す学生や、社会人から転職を目指す方はこの点をよく検討することが必要です。

 - 給与

ページ
上部へ