仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

前職の源泉徴収票の提出はアルバイトでも必要な時がある

      2017/09/28

前職の源泉徴収票の提出はアルバイトでも必要な時がある

前職がアルバイトでも一定の収入を得た場合、その後就職をした時に源泉徴収票を提出しなければなりません。

ついつい忘れてしまいがちな「源泉徴収票」についてご説明いたします。

もし発行してくれない時はどうしたらいいのか?ということへの対処法もぜひ参考にしてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


前職がアルバイトでも源泉徴収票は必要?

これから新卒で就職をする人やフリーターから転職をする場合は注意すべきことがあります。

就職が決まると前職の時の「源泉徴収票」の提出をしなくてはいけません。

これはアルバイトの場合でも必要なんです。

学生時代にアルバイトをしていた人はつい忘れてしまうと思います。

ではなぜアルバイトでも必要なのか、その理由を説明します。

・なぜアルバイトでも源泉徴収票が必要なのか

年末調整というものは原則アルバイトでも対象となっています。

正社員ではなくても給与を受け取った場合は必ず必要です。

・短期アルバイトの場合は対象外となる可能性も

もし1月~3月までアルバイトをし、4月からは新卒として勤務するとします。

このような短期アルバイトの場合は月額の給与が68,000円以下であれば対象外となります。

これ以上の収入があれば源泉徴収票の提出が必要となります。

企業によっては新卒に対して源泉徴収票の提出を求めないこともあります。

しかしこのような収入があった場合は自ら提出を行うべきでしょう。

前職がアルバイトでも収入が多ければ源泉徴収票が必要

アルバイトをする場合は税金に対する意識や知識を得ておきましょう。

高校生でもアルバイト代から税金を源泉徴収されています。

ではたとえ学生でも確定申告を行わなければならないのか?ということに関しては、年収がいくらかによって異なります。

・年収103万円以下なら確定申告は不要

学生のみならず主婦のパートも年収103万円以下の場合は確定申告をする必要はありません。

家族や夫の扶養に入りながら働いた場合でもこの年収103万円を超えた場合は税金を払わなくてはいけません。

よって103万円以下にするために勤務日数を調整するアルバイトやパートが多く存在しています。

短期アルバイトをする学生の場合はうっかり忘れてしまいがちですが、こういった税金についての知識を頭に入れておきましょう。

アルバイトによって生計を立てる場合はより多くの収入が必要となり、掛け持ちで仕事をする人もいます。

この場合はしっかりと確定申告を行うことが大切です。

その後転職をする場合は源泉徴収票を提出しなくてはいけません。

前職がアルバイトで源泉徴収票を発行してくれない場合

これから就職活動をする学生でアルバイトをしていた人は源泉徴収票が必要かどうか月収や年収を計算しておきましょう。

月額6万8千円以上稼いだり年収103万円以上得た場合は必要となります。

源泉徴収票は小さい紙きれなので非常に失くしやすいです。

大切に保存をして就職先へ提出しましょう。

また、バイト先によっては源泉徴収票を発行してくれない場合もあります。

しかし給与を受け取っている以上は税金が引かれているはずです。

どうしても発行してくれない場合は最寄りのハローワークや税務署に相談をしましょう。

いくつかバイトを掛け持ちをしていた人はそれぞれの源泉徴収票を準備しなくてはいけません。

源泉徴収票の見方と確定申告が必要な人

・退職をして確定申告をする場合

確定申告を行う際に重要なものは「源泉徴収票」です。

まずは退職をした会社の源泉徴収票を用意しましょう。

もし紛失してしまった場合は再発行を依頼しなくてはいけません。

また発行をしてくれない場合は税務署に相談をすべきです。

・源泉徴収票のポイント

1.支払金額:103万円以下であれば納税の必要がありません。

親の扶養ではないフリーターや学生の場合は130万円以下となります。

2.源泉徴収税額:1月~12月までに納めた納税額です。

3.給与所得控除後の金額および所得控除の額の合計額:空白であれば年末調整がされていないということになります。

還付される金額は「源泉徴収税額」に記載されています。

収入が103万円以下であっても数字が入っていることがあります。

また月収に波があるような季節変動系アルバイトの場合、給与が多い月に比例して源泉徴収が行われています。

このためにしっかりと確定申告をすることで還付金が期待できるでしょう。

確定申告を行うことは難しそうなイメージがありますが、基本的には源泉徴収票を書き写すことです。

1度行えば次回からはよりスムーズに行えるでしょう。

源泉徴収票を発行してもらえない場合の対処法

前職がアルバイトでもある一定の収入を得ていた場合は源泉徴収票が必要となる、ということがわかりました。

源泉徴収票はいつもらえるのか?ということですが、原則としては退職から1か月以内に発行するものです。

これは「所得税法第226条」にも記載されていますが、実際にはこれを守っている企業が少ないのも現状です。

新しい就職先で源泉徴収票の提出をスムーズに行うためには、退職する1か月前に源泉徴収票の発行をお願いしておくことです。

たいていの企業は退職後に郵送で送ってくるものですが、1か月以上経っても届かない場合は連絡をすべきです。

それでも発行をしてくれない場合はこのような対処を行いましょう。

「税務署や労働基準監督署に相談します」と伝えてみるべきです。

これを伝えても発行をしなかったら本当に税務署へ相談してください。

税務署から税務指導が入ることで源泉徴収票の発行が行われるでしょう。

中には職場が倒産をして発行が不可能となることもあります。

この場合は「源泉徴収票不交付」の届け出を提出することになります。

 - ライフハック, 就活, 源泉徴収票, 給与

ページ
上部へ