仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

休日でも電話対応すべき?会社とプライベートを区別する方法

      2017/11/08

休日でも電話対応すべき?会社とプライベートを区別する方法

休日なのに会社から電話がかかってきたらどうしますか?

社会人として対応しなくてはいけないものなのでしょうか。

労働基準法上ではこのような行為は違反に当たる気がしますよね。

中にはどうしても仕事から離れられないという人もいます。

そういった人はどうやって休日を過ごすべきでしょうか。

心身ともに疲れ切る前に考え直してみましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


社会人なら当然?休日なのに会社からの電話がかかって来たらどうする?

社会人になると仕事に責任を持って働くことが大切であることは分かっていますが、会社が休日の日でも対応しなくてはいけないのでしょうか。

休日なのに会社から電話がかかって来た場合、あなたはどうしますか?

よくあるのがシフト制で休む会社では欠勤者が出た場合「出勤できないか?」と電話がかかってくるということ。

この場合はやむを得ないこともありますが、できる限り休日はしっかり休みたいものです。

ただ、この場合はどうでしょうか。

とくに急ぎの件ではない内容を休日に電話で伝えて来られたら…それは首を傾げてしまいますよね。

なぜ出勤日まで待てないのか?と思ってしまいますが、それも社会人なら我慢すべきでしょうか。

今回は、休日にも会社からの電話に出なくてはいけないのか?ということを考えてみます。

休日に鳴る会社からの電話は出なくても大丈夫

休日でも会社からの電話に対応しなくてはいけないのか?ということについて考えていきます。

まず思いつくのが「労働基準法違反ではないか」ということです。

会社との労働契約というものは労働時間上でのことです。

つまり休日中は契約以外でのことなので原則として会社は業務命令を下すことはできません。

それを強要することは法律違反であるということになります。

休日中でも連絡に対応すべきと命令をする会社は業務体制が整っていないのが原因です。

労働者は休日まで従うことはないということです。

「急な欠勤者の代わりに出勤してほしい」とお願いをされても断る権利がこちらにはあります。

しかしながら、自分にも突然仕事を休まなければならない急な事情ができ、仕事のシフトを変わって貰わなければならない場合もあります。

お互い様と思える状況であれば、会社の上司のお願いに従うことも大切な仕事です。

休日には会社の電話を家に持ち帰らない

・営業用携帯は家に持ち帰らない

会社から用意された携帯を持っている人は、会社から許されているのであれば、休日には家に持ち帰らずに会社に置いておくというのも手段の一つです。

営業職の人は仕事とプライベートの区別を付けるのが難しくなってきます。

時間外でも電話で対応せざるを得ないという状況が続いてしまうとストレスばかりが溜まってしまいます。

また個人的に対応をした場合は残業手当が発生しないことが多いです。

電話を無視できないという人は思い切って会社に置いて帰りましょう。

もしくは、営業先からの電話に対しては

「本日会社がお休みを頂いております。大変申し訳ございませんが、○日(営業日)にこちらから一番でご連絡させて頂いても宜しいでしょうか?」

と、お伺いをたててみましょう。

・休日に急な対応をした場合

しかし、どうしても取引先との対応をせざるを得ない場合もあります。

たとえば担当のお客様からのクレームが入った場合は出向かなくてはなりません。

この場合は休日出勤として扱ってもらいましょう。

大切なことは、自分の会社がどういう対応をするのかを事前に確認しておくべきです。

自分の営業先でのトラブルなどに対しては、誠心誠意、出来る限りの対応をすることも、社会人として自覚するべきことではないでしょうか。

仕事が気になる人は「メールで対応」をする

仕事とプライベートの区別が上手くいかない場合は「電話に出ない」という方法が1番ですがそうも行かない人はメールを上手く使いましょう。

電話がかかってきても電話には出ずに「今電話に出られないのですが何かありましたか?」とメールを送ります。

緊急の内容が送られてきたら電話をかけて対応しますが、そうでない場合はメールだけでやり取りをします。

電話に出てしまうとどうしても仕事モードになってしまうという人はこの方法が有効的です。

特にトラブルなどがない場合なのにも関わらず、どうしても仕事が気になってしまう…そんな人はいっそエステや温泉などに行って電話から離れてしまいましょう。

無理矢理休むことも大切です。

休日の多い会社と労働組合について

休日なのに会社から頻繫に電話がかかってくる状況が続いてしまうと、心身ともに疲労が溜まってしまいます。

労働基準法違反を訴えるのもいいですが、いっそ転職を考えてみてはいかがでしょうか

では休日が多い会社とはどこでしょうか。

それは「メーカー」でしょう。

メーカーとは何か?と言えば工場を持つ製造会社のことです。

メーカーの工場には労働組合があることが多いので安定した休日が用意されています。

労働組合には労使協定や労働法といった強力な味方が付いているので、少しでも勤務体制に不備があればすぐに見直されます。

労働組合がない会社は休日出勤を強いられたり残業手当を削られることがありますが、労働者を守るシステムがある会社の方が安心できます。

もし今の会社に不満がある場合は労働組合の有無を確認をしてください。

ある場合は労働者同士で訴えることができます。

ない場合は各自治体にある労働局へ相談するのも手です。

それよりも転職をしてしまった方が早いと思う人は新しい会社を探しましょう。

 - ストレス

ページ
上部へ