仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

コールセンターはストレスが多い!病気の症状が出る前に解消を!

   

コールセンターはストレスが多い!病気の症状が出る前に解消を!

どんな仕事でもストレスってありますよね。

それがたとえ自分の好きな仕事であっても、環境によってストレスが溜まってしまうでしょう。

色んな仕事がある中で、コールセンターの仕事は特にストレスが多いと言われています。

ストレスが溜まって病気になってしまう人もいるほどです。

自分からSOSのサインが出ていませんか?

病気の症状が出てしまう前に、ストレスを解消しておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


ストレスで病気の症状も!コールセンターの仕事内容とは?

コールセンターの仕事はストレスが多いと言われていますが、人気があるのも事実です。

コールセンターで働きたい!そう思っているのであれば、どういった仕事内容なのか・どうしてストレスが多いと言われているのかを知っておく必要があります。

コールセンターの仕事は大きく分けると、インバウンド(受信)とアウトバウンド(発信)の2つになります。

インバウンド(受信)は、お客様からの問い合わせや相談などの対応をします。

きちんと商品やサービスについて理解していないと対応も出来ませんし、クレームも多くてストレスに感じる人が多いのです。

アウトバウンド(発信)は電話をかけて営業活動をしたり、商品の満足度を調査したりします。

営業活動にはマニュアルがあるので安心なのですが、ノルマがあったりお客様の電話対応が酷かったりしてストレスを感じてしまいます。

初心者でも始められるコールセンターのお仕事ですが、インバウンド・アウトバウンドどちらで働きたいかというのもポイントとなるのです。

ストレスが多いコールセンター こんな症状は要注意!

コールセンターでのストレスと言えば、やはりお客様からのクレーム対応になるでしょう。

理不尽に怒鳴られることも多く、それが一日中続けば心が病んでしまうのも無理はありません。

心が疲れてしまうと、うつ病になってしまう可能性が高くなります。

自分から出ているSOSのサインにきちんと気づいてあげましょう。

うつ病の初期症状

  • やる気がなくなってしまう
  • 好きな食べ物が美味しくなくなる
  • なんとなく体調が悪い

うつ病は急に始まるものではありません。

最初は“なんとなく”なんです。

毎日習慣的にしていたことを“なんとなく”やる気がなくなってやめてしまったり、今まで大好きだった食べ物なのに“なんとなく”いつもより美味しいとは感じない、熱や咳などの症状はないのに“なんとなく”体がだるいし疲れている。

やる気がなかったり、食べ物を美味しく感じなかったり、体調が悪いなんてことはよくあることですし、気にしないという人も多いと思います。

しかし、これくらい大丈夫だと思うことがうつ病初期症状であり、続いていくことによってうつ病が悪化していきます。

だからこそ、この“なんとなく”に早く気づいて対処することが大切なのです。

コールセンターで病気の症状が出る前にストレス解消しよう

コールセンターの仕事以外でも生活していればストレスは溜まってしまいます。

ストレスが溜まりすぎて好きなことが出来なくなったり、食べ物を美味しく食べられなくなってしまうなんて嫌ですよね。

心が病んでしまう前にストレスを解消しておきましょう!

【体を動かす】

体を動かすことはリフレッシュできるのでストレス解消に繋がります。

コールセンターの仕事は残業がほとんどないので、仕事帰りにジムで汗を流すのもおすすめです。

運動が苦手という人であれば、ウォーキングから始めてみてはいかがでしょうか。

【カラオケ】

大きな声を出すと脳が刺激され心も体もリフレッシュされます。

これにピッタリなのがカラオケです。

自分の好きな曲を大声で歌えばストレス解消間違いなし!

最近は一人カラオケ専門のお店もあるので、ストレスが溜まったと感じた時に一人で気軽に行くことができますよ。

【泣く】

ストレスが溜まったなら思いっきり泣いてみましょう。

泣くと副交感神経が優位になってリラックスできるんです。

仕事でツラいことがあったに日は、帰り道でレンタルショップによって泣けるドラマや映画を借りて家で思いっきり泣きましょう。

泣いた後には「スッキリ」しているはずですよ。

デメリットばかりじゃない!コールセンターで働くメリットは?

コールセンターで働くデメリットと言えば、やはりストレスが多く精神的にツラいということになりますが、それでもコールセンターの仕事は人気があります。

つまり、デメリットばかりではないということなんですよね。

では、一体どんなメリットがあるのでしょうか。

【高収入】

コールセンターは未経験で入っても、他の仕事と比べると時給が高いのです。

また、アウトバウンドだと成績によってボーナスなどが出る場合もあります。

【髪型・服装が自由】

サービス業であれば髪型や服装に厳しくなってしまいますが、コールセンターの多くは髪型や服装が自由に働けます。

【電話対応のマナー・対応能力が身につく】

最初は敬語に慣れていなくても、働くうちに話し方やマナーが身につきます。

また、クレームなどを受けることによってトラブルなどに対応できるようになってきます。

【働く時間を選ぶことができる】

企業によっても変わってきますが、コールセンターの多くは働く時間を自由に選ぶことができます。

フルタイムで働きたいと思う人も、午前中だけ、夜中、ほんの数時間だけというように自分に合った働き方ができるのです。

コールセンターの仕事はあなたに合っていますか?

いかがでしたか。

コールセンターはストレスの多い仕事だと言われる理由や、ストレス解消法などに
ついてお話ししてきました。

  • おおらかな性格
  • メンタルが強い
  • 頭の回転が早い
  • 人と話すのが好き

こういった人はコールセンターに向いていると言えます。

向いていたとしても、ストレスは感じてしまうので自分なりに上手く解消していきましょう。

逆に

  • 繊細
  • ストレスを溜め込む
  • 小さなことを引きずる

こういった性格の人はコールセンターには向きません。

どんな仕事であってもストレスは溜まりますし、我慢しなくてはならない場面もたくさん出てきます。

ただ、本当にコールセンターが自分に合っているのかを考えることも大切なのです。

メリットに惹かれて働きたいという気持ちも分かります。

しかし、ストレスを解消することが出来ずに精神的にツラく病気になってしまっては何のためのメリットなのかも分からなくなってしまいます。

あなたの心が壊れてしまう前に、ゆっくりと休んでみてもいいのではないでしょうか。

 - ストレス

ページ
上部へ