仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

Fランク大学出身でも就職活動に勝つ方法

      2017/09/28

Fランク大学出身でも就職活動に勝つ方法

偏差値が低い、または無名の大学の基準の一つとして「Fランク大学」というものがあります。

通称「Fラン」と呼ぶ大学を卒業をしても就職活動で不利になるのではないか?と考えがちですが本当にそうでしょうか。

学歴フィルタに負けずに就職を目指す学生のためのこれからの考え方をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

接待が苦手・・でも仕事の為に頑張りたい!そんなあなたへ

働いていると接待しなければいけないことがあります。

バイトでの失敗は『怖い』へと繋がる!対処法を覚えておこう

バイトで失敗してしまうということは、バイトをしたことがある人...

家計が苦しい!パートか専業主婦かと悩む女性に伝えたい5つのこと

結婚して専業主婦になるというのが子供の頃からの夢だった。 ...

職場の愚痴を言いたいのに言えない・・そんな時の対処法

社会人になると学生の頃と比べるとストレスが多くなってきます。...

職場での電話は緊張するから苦手・・・克服するコツ教えます!

プライベートではメールやLINEばかりで、電話をかけることが...

工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

スポンサーリンク


Fランク大学の基準とその後の就職についての不安

大学のレベルを見比べるひとつの基準として「Fランク」というものがあります。

略して「Fラン」とも呼ばれる大学は主に偏差値35以下の大学だと言われています。

はっきりとした基準はないものの「日東駒専未満」の大学がそれに当てはまります。

Fランクの大学のリストを見てみれば有名な大学もあれば聞いたことのない大学までたくさんあります。

そんな無名の大学は「Fランク」としてまとめられる傾向にあります。

Fランクの大学は全て偏差値35以下であるということでもなく、中には難易度の高いものも存在しているので「簡単に入学できる」と安易に考えてしまってはいけません。

ただ知名度が低いためにFランク大学に入れられてしまうような大学も存在しています。

逆に経営難のため学費を支払いある程度の学力があれば入学を認めるような大学もあり、こういった大学もFランクになる可能性が高いです。

Fランクの基準はこういった微妙な基準から出来上がったものですが、このような大学へ進学すると就職が難しくなるのでは?と思案してしまいます。

中にはFランク大学へ行くなら就職した方がいいという意見もありますが、この辺について深く探ってみたいと思います。

Fランクの大学からしっかり就職できるかどうかは自分次第

Fランク大学へ進学すると就職が難しくなるのでは?と考える人もいますが、それはその人次第だと言えます。

いくらFランクと呼ばれている大学でもそこで学べるカリキュラムは用意されています。

それをいかに自分で学べるかが問題ではないでしょうか。

わざわざ高い学費を出して通うわけですからしっかりと学びます。

そうすることで大学へ進学する意味が初めて生まれます。

第一希望の大学へ行けずにやむを得ずこのような大学へ入学したからと言って、適当に過ごすのであれば就職も難しくなってきます。

何となく就職をしてさらに失敗をしてフリーターになってしまうのなら、高卒でフリーターになるのと全く変わりがありません。

就職を第一に考えるのであれば専門学校で手に職を付けた方が希望の道を開くことができます。

Fランク大学だから就職が難しくなると考えず、しっかりと学びその先を見据えることが重要です。

Fランクの大学から就職するために有利になる材料を揃えておく

Fランクの大学から大手企業への就職を目指すことは確かに厳しいかも知れません。

偏差値が低い大学を出た人と高学歴の人が同じ企業の面接を受けた場合はどうしても差が出てしまいます。

しかし一般中小企業への就職なら希望が持てるでしょう。

大学でのカリキュラムをしっかりこなし、自分ができることを最大限に生かすことでチャンスを掴むことができます。

もし授業のコマが少ない場合はアルバイトやインターンを積極的に経験して就職につながる経験を積みましょう。

自分にとって有利になるアプローチ材料をいかに用意しておくかがポイントとなります。

一般企業への就職が難しく感じた場合は公務員への道も考えてみてください。

公務員試験は学歴の影響を受けずにその後の就職に有利となります。

公務員になれば安定した収入を得ることができるので、選択肢の一つとして考えてみましょう。

Fランク大学から一流企業へ就職する方法

Fランク大学出身で大手企業に入社するのは絶対に無理なのか?と考えてみれば実はある方法を使えばチャンスがあります。

たとえばFランク大学から大手都市銀行へ就職したいと考えたとします。

この場合、大学を卒業後に履歴書を送った時点で学歴フィルタによって落ちてしまうでしょう。

ではどうやったら就職することができるのか?と考えてみれば「有名大学の大学院へ行く」ということです。

Fランク大学を卒業後に東大・早稲田・慶応といった難関大学の大学院へ行き、大学院から修士として就職活動をするという方法です。

大学院への進学は一般的な大学入試よりも難易度が下がり、さらに卒業後は「修士枠」として就職に挑むことができるという訳です。

最近では学歴フィルタを設ける企業は減少しているものの、学歴が問題で就職が困難になるのであればこのような方法も使えます。

将来について真剣に考えるのであればFランクから一流大学院へのステップアップも視野に入れてみましょう。

就職で能力を発揮できる準備をしっかりと行うことが大切

「Fランク大学だから…」と就職に対して不安になるでしょうけど、それはどんな大学を卒業していても同じだと考えましょう。

学歴フィルタによって振るい落とす企業もありますが、そもそもそんな企業は選ばなくてもいいのではないでしょうか。

それよりも中身を重要視してくれる企業へ的を絞ってみてください。

しかし結局学歴の高い学生の方が就職率がいいと感じるかと思います。

その理由は、一流大学の学生は勉強ができる以外にも就職に対する意識が違うものです。

しっかりと準備を行って就職活動で発揮できる力を持っているからやはり選ばれるものであり、悔しい思いをするのならそれだけの経験値を積むべきです。

Fランク大学出身の全てが就職に影響をするということはなく、その人の努力次第だと言えます。

 - ライフハック, 就活

ページ
上部へ