仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

大学を目指す社会人のための勉強法

      2017/09/28

大学を目指す社会人のための勉強法

社会人として働いているうちに「もう一度あの大学で学びたい」と強く思う人へ。

社会人受験生として大学合格を目指すための勉強法を、ご紹介します。

夢を諦めたくない人はぜひ参考にして、合格を目指してみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


社会人が大学合格を目指す勉強法とは?

会社に就職をして社会人として働く中「もう一度大学を受験したい」と考える人がいます。

高校を卒業してすぐに就職をした人や、大学や専門学校を卒業したけど新たに行きたい大学を見つけたという人。

「もう一度大学で学びたい」という想いが強くなったのなら、もう一度勉強をして受験を目指してみるべきでしょう。

しかし仕事をしながら受験勉強をするのは簡単なことではないですよね。

社会人受験生として合格を目指すには、どのような勉強法をしたらいいのかがポイントとなります。

働きながら勉強をするということを考えると「時間が足りない」と思うでしょう。

しかし合格できないのは、それが原因ではありません。

やはり大切なのは勉強法だと思います。

社会人受験生だからと言ってついつい…と自分に甘くなっていてはいつまでも合格はできないのです。

まずはほかの受験生と同じような受験に対する心構えを持ち、受験対策をしっかりと練りましょう。

これからご紹介をする勉強法を参考にしてぜひ合格を目指してください。

社会人受験生が大学合格を目指すための勉強法

社会人受験生が合格をするために決めることや行うべきポイントをご紹介していきます。

「勉強するペースを決める」

受験日までやみくもに勉強をするのではなく、まずはペース配分を徹底的に考えましょう。

独学で勉強をすることは非常に大変なことですが、自分で自己管理ができる人はチャレンジをしてみましょう。

しかし、予備校や通信教育を利用をした方が第三者の意見を聞いたり添削をしてもらえます。

受験の経験がない方はこちらの方がおすすめです。

「自分のレベルを知る」

まずは自分の実力を知ることが重要です。

今どのくらいの点数が取れるのか、どの分野が苦手なのかを知ることから始めます。

「弱点を克服しよう」

苦手な分野がわかったら徹底的に克服を目指します。

予備校へ通うのであれば苦手な分野に絞って勉強を行います。

「参考書は絞って買う」

とにかくたくさんの問題を解けばいいというものではありません。

過去問や苦手な教科を徹底的に行うことも大切ですが、迷ったときは第三者の意見を聞いて買いましょう。

社会人をしながら大学を目指す人のための受験勉強

やっぱり大学へ通いたい!そんな強い思いを持ったのなら社会人受験生として合格を目指しましょう。

確実に合格を目指したいのであればやはり予備校へ通うのをおすすめします。

仕事上から通うことが困難な場合であれば色んな方法を取ることができます。

「通信制予備校を利用する」

通信制の予備校だと仕事との両立がしやすいかと思います。

通学をするより費用も安めになっていますが、家で勉強を行うには少し高いと感じるかも知れません。

それでも合格を目指したい人にはおすすめです。

「社会人向け予備校を利用する」

予備校の中には社会人向けのコースや学校があります。

同じ社会人同士の情報交換もしやすいのと、同じ環境で勉強をする仲間ができることでより一層やる気がアップするでしょう。

1人で合格へ立ち向かうことは非常に大変なことなので、ぜひこんな予備校を探してみてください。

社会人が大学生になるということは

社会人から大学生になるということは、どのようなことかをしっかりと考えましょう。

・収入面の問題

まず第一に、大学生になることで収入が途絶えます。

働きながら大学へ通うことは非常に難しいです。

夜間大学を利用するという手もありますが、仕事と勉強の両立をすることは簡単なことではありません。

職場の理解も得られないとこのような方法を選ぶことは難しいですね。

大学を受験をして卒業をするまでの資金をしっかりと貯蓄しておくことはもちろんですが、その期間の生活費も確保しておく必要があります。

会社を退職してアルバイトをする場合でもしっかりとお金の計算をしておきましょう。

・周囲の人の理解を得る

働きながら大学受験を目指す前に、家族や職場の人へ理解を求めることが大切です。

もし家庭を持っている人であれば、家族の協力がないと大学へ通うことは不可能です。

また職場の人へもしっかりと説明をしましょう。

大学へ合格をしたら退職しなくてはいけなくなります。

理解をしてもらうのは難しいかも知れませんが必ず通る道として心に留めておきましょう。

大学の合否を決める「志望理由書」のポイント

社会人が大学を受験をする際には志望理由書というものを提出します。

この理由をしっかり書くことが合否を決める重要なポイントとなっています。

面接でも質問されることなのでしっかりと考えておくべきです。

「志望理由書のポイント」

社会人だったあなたがなぜ大学を受験しようと思ったのか?

これについてしっかりと説明をしましょう。

仕事で経験したことを踏まえてみたり、今までの人生経験を書いてもいいと思います。

大切なのはその大学でないといけないということだと思います。

 - 試験・資格

ページ
上部へ