仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

メリットがたくさん!高卒で公務員を目指す女性たちへ

      2017/09/28

メリットがたくさん!高卒で公務員を目指す女性たちへ

高卒で公務員になることは可能なことです。

若い女性の中で、高卒でとくに希望もなかったので地方公務員になったなんて言う人もいます。

そんな女性の色々な悩みもあるのでしょうけど、公務員になったことで色々なメリットを得ることができますよね。

これから公務員になることを考えている方も、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


高卒で公務員になった女性の本音

高校卒業後の進路先も思いつかず、なんとなく公務員になる若者がいます。

その多くは地方公務員となり地元で働く人が多いようですが、女性の割合も実は多いとのこと。

最初はやる気がなくても実際に働いてみれば気分も一新するだろう。

なんて思っていたら、実は初任給が少なくて嫌になってしまう人が続出するようです。

安定した給料が売りの公務員のはずなのに…とガッカリするのはまだ早いです。

しかも女性で公務員になることはとても大きなメリットが得られます。

すでに転職を考えてしまう人もいるでしょうけど、これからご紹介することを読んでぜひ考え直してみてください。

女性の高卒公務員でも上を目指すべき

「高卒だし」「やっぱり大卒には負けるし」なんて思わないでください。

高卒だからと言っても経験年数を積めばかならずお給料は上がります。

気になるのであれば、上司の人のお給料を探ってみちゃいましょう。

高卒の地方公務員でも月収40万円以上もらっている上司はたくさんいます。

そして今置かれた職場で、しっかりと目標を持ってみましょう。

その目標に向かって、自分なりの勉強を進めてみることです。

必要であれば自ら資格を取得することも大切です。

高卒だから、女だからと言わずにぜひ上を目指してみましょう。

今の環境が嫌な場合でも、異動も考えられます。

なんとなく高卒で公務員になった女性へのアドバイス

なんとなく公務員になってしまった人が仕事に対して意欲を持つことは、なかなか難しいかも知れません。

でもせっかく公務員試験に合格をし、晴れて公務員として働いているのですから頑張ってみてはいかがでしょうか。

上司や先輩と上手く付き合う方法は「逆らわない」ことですね。

ますますガッカリしちゃうかも知れませんが、社会とは上手く流される人の方が出世をするものです。

嫌なことを言われても、さらりと身を交わす程度になれば大丈夫。

飲み会やイベントがあればそこそこにお付き合いをして、目立つことはなくても参加をしておきましょう。

そうすることで頑張り過ぎずに、周りと付き合っていけるのではないでしょうか。

今後何年もその職場にいる場合であればやっぱり、そこそこのお付き合いは大切だと思います。

高卒から就職する場合なら長年勤める職場なので、それなりに大切にする必要はあると思います。

魅力的な公務員の退職金

公務員になるメリットはやはり安定をした収入です。

地方公務員の30代課長クラスであっても年収は500万~750万円と言われています。

女性である場合でも、男性と同じように手当が付くために高卒で地方公務員を目指す人も少なくはありません。

一般企業のように、どんどん上を目指せるものではないかも知れません。

そして年収だけで考えると、一般企業の方が上になる場合も多いですね。

しかし、退職金については役職が付いた人であれば、地方公務員でも3千万円程度が狙えると言われています。

一般公務員でも1千万~1千5百万円が支給されるとのこと。

これは一般企業、しかも地方での場合ならかなり難しいことです。

将来の老後を考えると、やはり魅力を感じる職場だと言えますね。

公務員を目指すか一般企業へ就職するか、とても悩むかも知れません。

もし高卒で就職することへ不安を感じるのであれば大学への進学ももう一度視野に入れるべきかと思います。

女性が公務員として働くことの最大メリット

高卒でしかも女性が公務員になることについてまとめてみましたが、一般企業に就職するということとの違いはやはり老後も安心だということではないでしょうか。

退職金はもちろんですが、公務員になると「共済年金」に加入をします。

これは、サラリーマンが加入をする厚生年金と同じようなシステムだと考えると分かりやすいですね。

2015年には共済年金制度がなくなり厚生年金と統合をしましたが、どちらにしても老後は安定をした年金の受け取りが可能となります。

また、女性にとって気になるのが結婚をしたり出産をすることで仕事が続けられなくなるケースです。

公務員は育児休暇制度も手厚く受けることができるので、女性にとっては助かる保障がいくつもありますね。

長い目で見ると、女性にとっては大変ありがたい職場環境なのではないでしょうか。

出産を機に退職をせざるを得ない会社が多い中、職場復帰をしやすい公務員のメリットはとても大きいです。

給料面だけではない気持ちの安心感もありますよね。

高卒で公務員として働くことは、将来のことや老後のことを考えても今の時代では安心と言えるでしょう。

 - 試験・資格

ページ
上部へ