仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

看護師になりたい!主婦が資格取得をするために考えること

      2017/09/28

看護師になりたい!主婦が資格取得をするために考えること

社会人を経験をして主婦となった今、「やっぱり看護師になりたい」と思うことは無謀なのでしょうか?

いいえ、主婦でも看護師を目指すことは可能であり、今まさに看護師不足で引く手あまた状態です。

主婦が看護師の資格を取得する場合、かかる費用やそれに関わる問題はどのようなものがあるのかをまとめてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


主婦が看護師の資格を取得するためにかかる費用

主婦が看護師を目指したい!という人は実は少なくはありません。

看護師の資格を取るのに年齢は関係はないのです。

どのようにして看護師の資格を取得するか?ということについては目指す方向によって変わっていきます。

正看護師を目指すのか准看護師を目指すのかによっても進学先や年数が変わります。

それによって学費も異なっていくということです。

学費の補助を受けたい場合はいくつかの条件が必要になってきます。

奨学金制度については、借りたら返さなくてはいけないということを頭に置かなくてはいけません。

母子家庭であれば高等技能取得促進訓練費という補助があります。

それを受けない場合で、もし私立大学へ通う場合は、1年目に200万円近くの費用がかかります。

その後は授業料として年間60万円程度+研修費や授業料など、3年間で400万円はかかるでしょう。

公立大学なら年間40万円弱の学費+教科書代が年間10万円程度、3年間で150万円ちょっとくらいが目安です。

学校によっても違いがありますが、お金の問題だけではなく入試に合格すること自体も簡単なことではないので勉強も必要です。

ただ、主婦だから無理だというものではありません。

看護師を目指す方法はさまざまなルートがあるので、自分なりによく調べて選択をしてみましょう。

主婦は家族の協力がないと看護師の資格は取得できない

・学費や生活面での準備

主婦が看護師の資格を取得を目指すためには学費はもちろんですが、周囲の人の協力が必要となります。

学費については准看護師・正看護師どちらを選ぶかによって通う学校や通学年数も変わります。

正看護師を目指すなら4年間看護科大学や専門学校に通わなくてはなりません。

この間の学費と生活費をどのように補っていくのかをしっかりと考えておかなくてはなりません。

学校に通うための通学費・教材費など学費以外の諸雑費もかかるので、少し余裕をもって費用計画を立てましょう。

・シングルマザーの場合

この場合は母子家庭自立支援給付事業の一つである「高等技能訓練促進費」が利用できる可能性があります。

認められた場合、看護師や保育士・介護士などの資格を取るために勉強する期間や生活費の負担軽減のために月額最大10万円が支給されます。

このほかにも各自治体によって受けられる補助制度がある場合もあるので調べてみましょう。

・家族の協力なくして取得はできない

子供がいる主婦の方はとくに、看護学校に通うために周囲の協力や理解を得ておく必要があります。

看護学校に費やす時間は想像以上に長いものであり、帰宅後に家事や育児をこなすのは至難の業とも言えます。

その上で勉強を並行していく生活が3年ほど続くということをまずは理解しなくてはなりません。

お子さまの年齢やご主人の仕事をよく考えた上で看護学校への入学を決定すべきです。

主婦でも目指そう!深刻化する看護師不足

ここでは看護専門学校からの声をまとめていきます。

実際の現場はどういう状況なのかを把握しましょう。

・主婦の生徒が多数存在している

看護専門学校の生徒を見てみると高卒者以外にも社会人経験者が多数通っています。

その中でも目立つのが20代30代の主婦です。

中には40代の主婦の方も多数通われています。

クラスの半分以上が社会人経験者だという場合も珍しくはないようです。

最近では社会人向けのオープンキャンパスも実施されていることから、社会人に対する受け入れが拡大しています。

・看護師不足が大きく関わっている

このように社会人や主婦が看護師を目指す背景には深刻な看護師不足が関わっています。

資格を取得したあとはほぼ100%の確立で就職ができる状況です。

20代の新卒者と40代以上の主婦で競った場合は不利になる可能性もありますが、社会人を経験している人を優遇する姿勢も見られていることからさほど心配することはないでしょう。

看護師にとって一番大切なことは、患者様との信頼関係とコミュニケーションです。

この面に関しては主婦の人は新卒者よりも有利に部分は必ずしもあるのではないでしょうか。

主婦にぴったり!「准看護師」という仕事

主婦から目指しやすい「准看護師」

正看護師になるためには看護専門学校に3年間通わないといけませんが、准看護師であれば2年間であり内容も正看護師に比べれば厳しくはありません。

育児と家事と仕事を両立させなくてはならない主婦にとっては短期間で取得できる上、非常勤での勤務ができます。

短時間の勤務も希望できるので、自分の生活に合わせて働ける准看護師の方が、育児主婦には向いているかも知れません。

やる気次第では正看護師へのキャリアアップもできるので、まずは准看護師で働くという人もいます。

主婦だからこそ働きやすい職場を選ぶことは大切なことです。

そのための資格取得は諦めずに目指してみましょう。

 - 試験・資格

ページ
上部へ