仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

高卒で公務員を目指す!仕事内容と大卒との差

      2017/09/28

高卒で公務員を目指す!仕事内容と大卒との差

高卒で公務員を目指す若者にとって気になるのは、大卒者との差ではないでしょうか。

高卒で公務員になると、どのような仕事に就けるのかも気になりますよね。

公務員試験の内容や大卒者との違いについて、調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


高卒で公務員になるとどんな仕事に就ける?

安定した給料や職場環境が人気の公務員。

公務員になるには大学に進学せずに、高卒でも狙うことは可能です。

高卒で公務員試験に合格できるのかが不安だと思いますが、そもそも公務員試験の内容は高卒程度の問題が出題されます。

よって高卒だからと言って、不利になることはありません。

ただ、高卒ですぐに公務員になるには専門分野の職にはなかなか就くことができません。

高卒の公務員に求められることは、学力よりも体力だという傾向があります。

すぐに就職できるものをあげてみるとこのような職があります。

・裁判所や税務署の事務員

・土木や建築関係

・警察官

・自衛官

このような職になりますが、公務員試験に合格をしたあと訓練学校へ行かなくてはいけないことが多いです。

高卒で公務員として仕事をするメリットとデメリット

高卒で公務員になることはメリットもありそうですが、デメリットも気になりますよね。

大学へ行かずに公務員になる人はたくさんいますが、実際のところを考えるとどちらがいいのか分からないかと思います。

メリットとデメリットに分けて、考えてみたいと思います。

・高卒で公務員になるメリット

高卒でも募集をするのが警察官や税務職員ですが、公務員試験に合格をしたあとは訓練学校でしっかりと知識を身につけてから就職をすることになります。

そして、就職をしたあとは安定をした環境と給料がもらえることが、最大のメリットではないでしょうか。

一般企業にはない福利厚生も人気の一つですね。

・高卒で公務員になるデメリット

公務員の給料とは税金から支払われるために、時代に合わせた減給なども行われることがあります。

また、一般企業では成績がいい人には特別ボーナスが付いたり年収がアップすることがありますが、公務員ではそのようなことは期待できません。

どんどん上を目指したいという人には一般企業の方が向いているかも知れないですね。

高卒と大卒公務員の仕事の違い

高卒で公務員になっても大卒者と職の差があるように感じますが、中には本省の仕事へ就くこともあります。

公務員試験に合格をした中からさらに人材が選ばれるわけですが、その多くが地方公務員として活躍をしています。

高卒と大卒で待遇の差があるのかと言えば、そこはやはり大卒の方が初任給では上になります。

しかし、出世についてはあまり差はないということです。

自分が希望をする職に就職ができるのであれば、高卒でも大丈夫だということですね。

大卒で公務員試験を受ける場合は、どちらかというと地方公務員ではなくもう少し高いレベルの専門職を目指す人が多いです。

大卒でも地方公務員を希望する人はたくさんいますが、高卒で就職をした人の方が先輩となりますね。

消防士は高卒と大卒のどちらがいいの?

消防士になるなら高卒でなるのがいいのか、大卒の方がいいのかを比較してみます。

仕事内容は同じですが、給料面で大きな差が出ています。

初任給は、全国的にも2万円近く大卒の方が多いとのこと。

多い場合は4万円ほど高いです。

東京消防庁では、ボーナスに13万円の差が出ていることが分かります。

こんなに差があると年収にも差が出てしまい、やはり大卒の方が給料面では上になっていますね。

出世をしやすいのも、大卒者の方が多いということ。

ちなみに消防士になる人は、大卒者よりも短大卒者の方が多いとのことです。

このように、給料面や将来性を考えると大学を出てからや民間企業を経験してからでも遅くないように感じます。

地元や地方で早く働きたいという目的があるのであれば、高卒で就職することもいいかと思います。

ただ、このようなことが分かっていることからよく考えてみることが大切のようです。

高卒と大卒の給料の差は必ずある

高卒で公務員になり就職をすることは、やはり大卒者との差が気になりますね。

初任給はどの職に就いても大卒者の方が多いことがわかっています。

高校を卒業をしてすぐに働き始めた人は大学の4年間分のお給料をもらっているため、その分の収入は多いかも知れません。

このような差はどこへ行っても付いてくるものでですが、自分のはっきりとした目的を持ってその仕事に全うすることが大切なのではないでしょうか。

差を感じたくないと思うのであれば、大学を卒業してから公務員を目指せばいいでしょう。

公務員は楽な仕事ではないけれどやりがいと保障が魅力

高卒で公務員を目指すことは決して不可能ではなく、むしろ早く安定した職業に就職する手段だと思います。

大卒との給料の差はありますが、自分の目的をまずは考えてみましょう。

そして公務員の仕事は楽な仕事ではありません。

つい誤解をしてしまいがちですが、警察官や消防士は常に危険を伴う仕事となります。

しかし一度就職をすると、何かが起きない限り解雇をされることは今のところはないでしょう。

民間企業よりも安定したボーナスが年2回支給され、福利厚生も保障されています。

とくに、地方で働く若者にとってそういった生活の安定はなかなか得られないものです。

将来をしっかりと考えて、高卒で受験をするか大卒で公務員を目指すのかを決めてみるとよいのではないでしょうか。

 - 試験・資格

ページ
上部へ