仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

公務員を目指す民間企業経験者が合格するまでの道

      2017/09/28

公務員を目指す民間企業経験者が合格するまでの道

民間企業で働いてきたけど、将来性を考えて公務員へ転職をしたいと考える人が、実は多いです。

しかし、公務員試験はそんな簡単に合格をするもの?

民間企業経験者が公務員になることのメリットとは?

気になるその内容を体験談を元に調べてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


民間企業の経験者が再び公務員を目指すということは?

民間企業に就職したけど、やっぱり公務員を目指したいと思う人は実は多いようです。

その理由は、やっぱり公務員の安定した給料面に魅力を感じるところではないでしょうか。

しかし民間企業を経験した人が公務員として採用されるのかが、気になるところ。

また、公務員試験に合格することは簡単なことではないことが容易に分かります。

でも実は今まさに、公務員は狙いどころだ!という考え方があります。

理由としては、バブル世代の公務員が続々と定年を迎えて退職者が増えているからなのです。

バブル世代では公務員よりも一般企業の方が稼げると言われていた時代なので、その世代の人数が比較的少なくなっています。

再雇用制度もあまり活用をしていないことから、多くの職員がそのまま定年退職をしています。

よって、一度は民間企業に就職をしたけど再び公務員を目指すという考え方はあながちおかしなことではなく、将来性を見越した現実的な考えだと言えるでしょう。

民間企業経験者が公務員を目指す!採用までの道のり

民間企業を経験して公務員になるということは、ほかの世界のことを知った上でその職に就けるのである意味貴重な体験になると思います。

公務員試験さえしっかりと合格をすれば、採用への道が開けます。

逆に言えば合格をしないと公務員にはなれません。

地方の役場で働きたいと思ったとしても、しっかりと試験勉強をしないといけないということを覚えておきましょう。

公務員になるまでの流れとしては、出願→一次試験(筆記)→二次試験(面接)→最終合格発表となります。

試験に合格したからと言って、必ずしも採用されるとは限らないのです。

なかなか厳しい道のりですが、まずは公務員試験で高得点を目指します。

たとえ大学受験でたくさん勉強した経験があるからと、ぶっつけ本番で試験に挑んではいけません。

・一次試験(筆記)の内容

一般教養問題でマークシート方式です。

5教科がまとまったような試験なので問題数が少なく感じますが、範囲の広さから頭を悩ませる人が多いです。

つまり5教科の勉強を行わないといけません。

民間経験者でも大丈夫!公務員試験の論文問題

一次試験の内容は「教養」「専門」「教養記述」の3つで構成されます。

しかし、目指す職によっては専門試験があり、論文問題が出題されるものがあります。

その論文問題の内容は自治体によって違いがあり、その具体的な例を挙げてみます。

・草加市「人口減少社会の問題点と対策」

・千葉市「千葉市の抱える問題について、あなたの民間経験をどう活かせるか」

このような問題が出題されたようです。

主に、時事問題やその地方の話題が中心かと思います。

専門分野の公務員とは上級公務員と呼ばれ、県庁や地方市役所へ勤務をし、地方活性化のために仕事をします。

市役所や警察官・消防士の試験は、教養試験と作文を出題されます。

民間経験者のための採用試験内容とは?

民間企業に勤めていた人が公務員試験を受験するなら「公務員民間経験者採用試験」を受けることになります。

「社会人採用試験」とも呼ばれていますが、民間企業の経験がある人材を各地方自治体で募集を行っています。

応募資格や募集時期などをまとめてみます。

「応募資格の目安」

・満26歳~59歳未満

・職務経験が4・5年以上

地方自治体によって違いがあります。特に年齢に関しては下限がなく上限だけの場合もあります。

「試験科目」

・一般教養

・作文

・面接

・集団討論

・適性検査

こちらに関しても違いがありますが、専門試験が行われないことがほとんどです。

土木と建築分野では専門試験がある場合もあるようです。

公務員で働くことのメリット

民間企業から公務員に転職をすることのメリットをご紹介します。

試験を受けて公務員になるということは、大きな決断となります。

しかし、その分このような働きやすさを実感されているようです。

試験を受験するか迷う方はぜひ参考にしてみてください。

・安定した職場

やっぱり民間にないものが安定感です。

公務員は法律で保障されているため、働きやすい環境だということが1番です。

とくに女性にとっては育児をしながらのライフワークも、公務員なら育児休暇もしっかりと取得することが可能です。

職場復帰へも安心してできることに魅力を感じます。

・福利厚生

何か起きても充実した保障があるので、収入面での不安が起きにくいです。

ボーナスも民間企業よりもやはり安定をしています。

福利厚生施設も充実していることも魅了ですね。

・やりがいを感じる仕事

何よりも社会のために働くことに充実感を感じるということです。

民間企業でも可能ですが、地方の場合は市民に寄り添った仕事に就きやすいですね。

 - 就活

ページ
上部へ