仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

トラックの運転手を目指す女性のメリットとデメリット

      2017/11/08

トラックの運転手を目指す女性のメリットとデメリット

女性が大きなトラックの運転手を目指すことは、やはり厳しいものでしょうか。

実際に働く女性ドライバーの体験談や、つらかったことなどの声を集めてみました。

最近では「トラガール」として大々的に募集がされていますが、実際に働くとどのような給与体系になっているのか。

気になる点を探り、ご紹介していきます。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


女性が大型トラックの運転手を目指すことは無理?

大きな大型トラックを女性が運転をする姿はたくましくカッコイイものです。

少ないながらも大型トラックの運転手に憧れる女性もまだまだ健在。

とても貴重な存在となっています。

実際に女性が運転手を目指すことは簡単なことではなく、いまだに「男の世界だから…」と面接で断られることもしばしば。

この理由は一体何でしょうか。

男性が活躍する現場であることは理解できますが、やはり力がないとダメだということなのでしょうか。

それはたとえ免許を持っていてもダメだということなのでしょうか。

今回は女性が大型トラックの運転手を目指すことについてまとめてみます。

実際に運転手となった女性の体験談をもとに、これから目指す女性はどのような心持ちで面接へ行くべきなのかということをぜひ参考にしてください。

「いやみを言われたことも」大型トラックの女性運転手の体験談

ここでは20年もの大型トラックの経験を持つ女性ドライバーの方の体験談をご紹介します。

この方は運転手として採用されてから乗ったトラックの大きさは1t~2t~4t~10tという感じで徐々にステップアップをしたとのこと。

やはり最初のころは4t~10tのトラックには恐怖を感じたそうです。

いくら免許を持っていても最初から大きなトラックに乗れるわけではありません。

大きなトラックに慣れるには「腹をくくる」ことが肝心だそうです。

女性差別を受けることもある

最近では女性ドライバーも増えたので少なくなったとはいえ、男性多数の現場なので中には「女は楽できていいよな」といやみ言われたこともあったそうです。

免許を取得する時も教官から「女にそう簡単に免許はあげられないから」と言われたなんていう驚きの経験もお持ちだとか。

それにも負けずに立ち向かっていくという気持ちがこの仕事を続けるためのポイントなんでしょう。

女性ドライバーになるための教訓

1.男の何倍も頑張る努力をする

2.自分が下手な事をしたら業界の女性に対する評価が下がる

3.男がミスをするより女がミスをすると
「だから女は」と出来ない男達の思うツボになる

4.男の人より運転技術を誇れる位上手くなってやる

これが大切だと言います。

「きたれ!トラガール」国土交通省が女性トラック運転手を大募集

昔は大型トラックに乗る女性運転手はとても少なかったもので遭遇することも滅多にありませんでした。

しかし最近では女性が活躍する場が増え、女性運転手の人数が増えてきています。

さらに国土交通省が「きたれ!トラガール」と称し女性トラック運転手を大々的にPR募集を始めました。

これはトラック業界の人出不足が深刻な問題となっているために行われたキャンペーンです。

まだまだトラック業界での女性の割合は大変少なく全体のおよそ2.4%にしか過ぎません。

これからはたくさんの「トラガール」を町で見かけるようになるといいですね。

トラックの運転手を目指したきっかけとは?

ある女性トラック運転手に質問をしてみました。

Q.「なぜこの仕事を選んだのか?」を質問してみました。

A.『親戚のおじさんが大きなダンプカーに乗っていたのを見て憧れました。

パンチパーマに腹巻きをしたスタイルがすごくカッコ良かったんです。

それで絶対に運転手になろうと誓いました。

実は高校卒業をして数年間はアパレルショップの店長をしていましたが、やっぱりトラックへのあこがれが再燃して。免許を取りに行きました。』

さらにこんな質問をしてみました。

Q.「トラック運転手の魅力とは何ですか?」

A.『どこに行ってもすぐに顔と名前を覚えてもらえます。

「頑張ってね」と言ってもらえたりするのでやりがいを感じます。

荷物の積み下ろしも手伝ってもらっちゃうことも多いです。

周りの方に協力してもらえる時は素直に手伝ってもらっています。』

女性トラックドライバーの給料や補償について

平均年収や福利厚生などについて

月収:22~28万円

年収:300~350万円程度

男性の場合での平均年収が350~400万円程度なのでやや少なくなっています。

保険や福利厚生についてはその会社によって違います。

社会保険もない会社も多く、万が一の事故についても自己負担になることもあります。

これから面接を行う方は次の点についてよく考えておきましょう。

  • 給与形態(月収か歩合か)
  • 社会保険の有無
  • 事故・損害発生時の支払いについて
  • 高速道路料金の支払いについて

高速料金については自己負担になる会社が多いです。

このような出費を避けたいのなら長距離はおすすめしません。

産休や育児休暇などを利用できる会社もほとんどないため、女性はあらかじめ考慮する事も、長くその会社で仕事を続けるポイントの一つになるでしょう。

 - 就活

ページ
上部へ