仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

「声が小さい」とバイトで言われた時の対処法

      2017/09/28

「声が小さい」とバイトで言われた時の対処法

接客業などでは、声が小さい為に、理不尽な扱いをうける人もいるようですね。

実は大きな声を出すにもスキルがいるのですが、気持ちだけで出せると思っている人が多いようです。

野球部などで声を出してきた人にとっては、大きな声が出ない人が理解できないのかもしれません。

そうはいっても大きな明るい声で挨拶されると気持ちの良いものです。

今回は、好感のもてる声の出し方をまとめました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


声が小さいと接客バイトに向かない!?

バイトが接客業の場合、少々のミスがあっても、明るさと元気の良さでカバーできることがありますが、逆に暗くて元気がないとやる気がないと思われてしまったり、お店のイメージダウンになってしまうことがありますよね。

ではその明るさや元気さはどこで判断されるのかというと、顔の表情だったり、声の大きさが一番わかりやすいのではないでしょうか。

実際にコンビニでバイトをしていて声が小さいのを理由に解雇されそうになった人もいるとか。本人は出しているつもりでも、相手に聞こえていなければ、改善する意思がないと思われてしまいます。もっと声を出せるだろう、もっと笑顔になれるだろうと周りは思いますものね。
できる限界はあるとは思いますが、訓練次第という意見もありますし、どうなのでしょうね。

小さい声をデカくして、バイト先の店長を見返したい!

声が小さいのが悩みという人、結構いますよね。
私も今のバイト先が三か所目ですが、どの勤め先にいっても声が小さいって言われてしまいます。

怒られるのは仕方ないと思うのですが、そのたびに自分は頑張って大きな声で挨拶しようとしているのに、店長からはやる気がないと言われ、努力が全く報われないので、とても悲しく悔しい思いをしています。

たぶん、もともと声が小さいので、友だちとカラオケにいって歌う時も小さくて聞こえないかもって言われるし、とおる声というか響く様な声が出ないみたいです。

この先、バイトに支障がないくらいには声を出せるようになりたいと思っています。どうしたら、もっと声が出るようになるでしょうか?

バイトで声が小さいなんて言われない対策法

1)口を大きく開ける

声が小さいと言われる人の多くは、思ったほど口が開いていない為に、声がこもって聞こえてしまうケースがほとんどです。自分では出しているつもりなのに、聞こえないって言われる時は、まず口を大きく開ける練習をしましょう。

鏡を見ながら大きく口を開いて挨拶してみましょう。
ですので、まずは声の出し方を変えてみるという事をしていきましょう。慣れてくると、それほど大きく口を開かなくても声がちゃんと出るようになりますよ。

2)明るめの高い音から発する

最初に口から出る音を、いつもよりも高めの音で出すようにしましょう。低い音からはじまる挨拶よりも、高い音から始まる挨拶の方が明るく聞こえませんか?端末で自分の声を録音して自分でジャッジしてみましょう。

3)まず息を吐ききる

声が良く出る人は、声を押し出す力が十分備わっていることが多いです。しなやかで柔軟な筋肉を鍛えることによって、自分の息をコントロールする術を訓練します。そうかといって、今すぐに腹筋しても大きな声は出ません。

今すぐにできる方法としては、息をたくさん「吐いて」「吐ききったら」胸を大きく開いて「吸う」ことです。そのまま「あ」と声を出してみましょう。意外と出るでしょう?
息は吐かないと入ってきませんよ。

4)気持ちの問題

最後に、声が小さい人あるあるですが、「恥ずかしい」とか「変に思われたくない」なんて思っていませんか?

大きい声を出すことに対して拒否反応があると、出るものも出ませんよね。

周りの皆は意外とアナタの声ばかり気にしていませんよ。思い切って出しても大丈夫です!

大きい声は後から小さくすることができますが、小さい声を大きくするのは大変でしょう?最初は大きな声を出してみることです。その方がずっと好感もてますよ。

聞き取りやすい声をつくる特訓法

活舌が悪いと、何を言っているのかわからない為、意思疎通がうまくいかないことがあります。

バイトなどでお客様に何かを伝えなくてはいけない時は、仕事に支障をきたしてしまう事もありますし、スマホなど電話で話をする時も、話の内容がよく伝わらずに何度も聞き返され、盛り上がるはずの話もトーンダウンしてしまうことがあります。

そんな悲しいことにならない為にも、日ごろから活舌に気をつけていると、少しづつでも改善していきます。

基本は一音一音をはっきりと発音すること。少しおおげさと思えるほど口をその音の形にして、お腹から発声します。

できれば部屋の隅に立って、遠くの誰かに呼びかけるつもりで、突き当りの壁に「お・げ・ん・き・で・す・か」とはっきりと発音して下さい。全ての音を同じ大きさにしてみましょう。最後の方が小さくなってしまいがちなので気をつけましょう。

短めの違う言葉をいくつか用意して、色々と試してみましょう。毎日少しでもやっていると、だんだん活舌がよくなりますし、気分も楽しくなってきますよ。

大きな声が出るようになって、隣近所に響いてしまうなんて嬉しい結果が出た人は、顔に布団などをかけて声を出すとマンションでも発声できます。

また、カラオケで思い切りお腹から声を出して歌うのも、よい練習になりますよ。

声が出るようになる本当の理由

声が大きい、小さいからといって、それが良い悪いの決め手とはなりません。それなのに声が小さいことを悩んでいる人はたくさんいるようです。

自分の声に自信が持てずコンプレックスを持ってしまう事で、かえって声が出なくなってしまうということもあるのです。

人前で話をすることが苦手だと思っている人にとっては、声を出すことが苦痛に思えるでしょう。そもそも何を話してよいのかわからないという人もいます。

周りの事を気にせずに話ができればよいのですが、自分の放った言葉が誰かを不快にさせるのではないかと心配になって声が出なくなる人もいるようです。

自分が自信に満ち溢れている時は、正常な声を発することができるでしょうが、何かに失敗したことで自信がなくなると、とたんに声も小さくなってしまいがちです。

誰かが気にしなくても大丈夫と言ってくれたら、大きな声が出せますか?誰かに言われなくても出る時は出るし、出ない時は出ないと思いませんか?

実際は、スイッチを入れるのは自分です。出ない時、話をしたくない時は無理せずに、他のことをするのも一つの方法です。熱があって動けない時と同じ、心にも休養が必要です。

 - ライフハック

ページ
上部へ