仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

   

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって便利に感じて

いる人も多いと思います。

何でもメールで済ませてしまうという人もいるので、電話をかけるのが苦手だと

いう人も少なくありません。

苦手というだけならいいのですが、怖いと感じてしまうことも。

電話を怖いと感じてしまう理由とは何なのでしょう。

対処法やマナーについても覚えておきましょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
パートの時給が上がらない理由や対処法を教えます!

生活費の足し、自分のお小遣い、有意義な時間を過ごしたい・・・...

no image
【JR】駅員の仕事は大変?収入や苦労する仕事内容


毎日1,700万人の利用者があると言われている駅...

no image
覚えておいて!職場でプライベートを詮索されたときのかわし方

職場に仲の良い人はいますか?

...

no image
旦那が転勤に行きたくないと思った時に知っておきたい5つのこと

旦那さんが「転勤になった」と言ってきたらどうしますか? <...

no image
接待が苦手・・でも仕事の為に頑張りたい!そんなあなたへ

働いていると接待しなければいけないことがあります。

no image
バイトでの失敗は『怖い』へと繋がる!対処法を覚えておこう

バイトで失敗してしまうということは、バイトをしたことがある人...

no image
家計が苦しい!パートか専業主婦かと悩む女性に伝えたい5つのこと

結婚して専業主婦になるというのが子供の頃からの夢だった。 ...

no image
職場の愚痴を言いたいのに言えない・・そんな時の対処法

社会人になると学生の頃と比べるとストレスが多くなってきます。...

no image
職場での電話は緊張するから苦手・・・克服するコツ教えます!

プライベートではメールやLINEばかりで、電話をかけることが...

no image
工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

no image
マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

no image
通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

no image
【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

no image
【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

no image
内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

no image
銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

no image
【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

no image
【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

no image
【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

no image
青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

スポンサーリンク


電話をかけるだけなのにどうして怖いんだろう

電話が苦手で“なるべくかけたくないな~”と思っている人は多いと思いますが、中には
“電話が怖いからかけたくない!”という人もいるでしょう。

電話をかけた相手が出れば用件を話して切るだけなのに、どうして怖いと感じてしまうのでしょう。

■相手の都合を考えて不安になる

メールであれば相手が何をしていても気にせずに送る事ができますが、電話となるとそうはいきま
せん。

「(相手が)忙しかったらどうしよう」「迷惑になるかもしれない」

そういった事を考えていると、どんどん不安になり電話をかけることが怖くなってしまいます。

■上手く話せない

友達との電話なら話せるけれど、仕事での電話となると急に怖くなってしまうことがあります。

仕事の電話って緊張してしまうんですよね。

緊張のせいで上手く話せなかったり声が裏返ってしまうこともあるでしょう。

「自分の話し方のせいで相手に上手く伝わらないかもしれない」

という事を考えいると電話が怖くなってしまうのです。

■周りの人に見られてしまう

職場であれば、電話をかけている場所に上司や同僚もいるでしょう。

自分の電話する姿が他人にどう見えるのかを気にして電話をかける事が怖くなってしまいます。

電話対応で上司や同僚から自分の評価が下がってしまうことが気になるのです。

電話が怖い・・・かける時のポイントは?

電話への苦手意識があったり恐怖を持っていると、緊張から言葉が出なくなってしまい伝えたい
ことが言えなくなってしまいます。

そのことによって、また電話への恐怖心は大きくなってしまうでしょう。

だからといって、ビジネスシーンにおいて“電話をしない”という訳にはいきません。

電話をかけるときのポイントを知っておけば恐怖心も少しはマシになりますよ。

■相手の忙しそうな時間帯は避ける

緊急時であれば仕方がありませんが、それ以外であれば相手の忙しそうな時間帯を避けるようにしましょう。

相手の忙しそうな時間帯なんてわからない!という時には、最低限食事時にはかけないようにします。

相手が電話に出たときには「○○の件なのですが、今お時間よろしいですか?」と確認すれば、不安になる
必要ありません。

■話す内容をメモに書いておく

相手が電話に出た瞬間に頭が真っ白になってしまい、話すことが分からなくなってしまうということも
少なくありません。

そんな時の為に話す内容をあらかじめメモしておくんです。

相手が話した内容もメモに取っておくと後で確認することができます。

■聞き逃したり途中で切れても気にしない

電話が怖いという人は、相手が言ったことを聞き取れなかったり電話が途中で切れてしまうということに
対しても不安を持ってしまいます。

しかし、聞き逃しや電話が切れるのはよくあることなので起きたとしても自分を責めなくていいんです。

聞き逃し、聞き取れなかった時には

「恐れいりますが、電話が遠いようでもう一度お願いできますでしょうか」

と言えば相手も声を大きくして言ってくれるでしょう。

相手にかけた電話が途中で切れてしまったときは

「申し訳ございません、お電話が切れてしまったようで・・」

とかけ直すようにしましょう。

切れたときには、最初にかけた方がかけ直すというのがマナーです。

電話をかけるのが怖いからメールだけでもいいんじゃない?

電話をかけるのが怖いという人からしてみれば、

「わざわざ電話じゃなくてもメールでもいいんじゃない?」

と思うかもしれません。

確かにメールも便利なツールですが、メリットばかりじゃありません。

もちろん電話にもメリット・デメリットがあります。

それぞれのメリットやデメリットを知っておきましょう。

メール

■メリット

  • 相手の都合を考える事なく好きな時間に送れる
  • 記録として残るので後から確認できる
  • 同じ内容を同時にたくさんの人に送る事ができる
  • インターネット通信料を除けば何通送っても無料
  • 伝達ミスなどのトラブルを防ぐことができる

■デメリット

  • メールを使えない人もいる
  • 相手から返事がくるまで読まれたかどうかが分からない
  • 送ってしまったメールを消すことができない
  • 内容によっては相手を怒らせてしまう可能性がある

電話

■メリット

  • 伝えて返事をもらえるのが速い
  • 臨機応変に対応ができる
  • 相手の感情が読み取りやすい
  • 相手とコミュニケーションが取れる

■デメリット

  • 相手の都合を考えてかけなければならない
  • 通話料金がかかる
  • 記録が残らないのでトラブルが起きる可能性がある

このようにメールにも電話にもメリット・デメリットはあるので、どちらか一方ばかりを
利用するのではなく、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

バイト応募に電話をかけたい!気を付けるポイントは?

電話が苦手だという人は、日頃からメールやLINEなどでやりとりすることが多い若い人がほとんど
ではないでしょうか。

電話をかける事が苦手な時、バイトの応募で電話をかけなくてはならない時になかなかかけることが
できないんですよね。

バイトの応募先へどのように電話をかければいいのかポイントを覚えておきましょう。

■聞きたいことをまとめておく

求人内容をしっかりと確認にし、そこに載っていなくて聞きたいことがあればメモにまとめておき電話で
確認するようにします。

■時間帯に気をつける

求人内容に電話の受付時間が書いてあればいいのですが、書いていない場合は応募先の忙しい時間帯を避ける
ようにしましょう。

飲食店であれば昼食時や夕食時は避けなければなりませんし、コンビニやスーパーであれば通勤・通学の時間帯や
昼食時・夕方などは避けるようにします。

■電話をかける場所を選ぶ

大事な電話をしているときに電波が悪いせいで切れてしまったり、周りがうるさい場所でかけると印象が悪くなる
だけでなく失礼になってしまいます。

電話をかけるときは、電波のいい静かな場所を選びましょう。

■メモや予定表を用意しておく

質問したいことが書かれたメモとは別に、面接の時間帯などを書けるようにメモを準備しておきましょう。

その時に自分の予定を確認できるように、予定表やカレンダーも手元に置くといいですね。

■明るく・ゆっくり・丁寧に

第一印象が大切なので、なるべく明るく話すようにしましょう。

緊張するからと言って早口で話してしまうと相手が聞き取りにくくなってしまうだけでなく、間違って伝わる
可能性も高くなります。

ゆっくりと話すこともポイントです。

最初なので上手く敬語が話せなくても仕方がありません。

とにかく丁寧に話すように気を付ければ敬語の使い方が少々間違ってしまっても大丈夫です。

電話を完璧にこなそうと思わなくていい

いかがでしたか。

電話を怖いと感じてしまう原因やかけるときのポイントについてお話してきました。

電話を怖いと感じる人は、何でも完璧にしなければならないと思っているのではないでしょう
か。

ミスすることを恐れたり、人からの評価が下がってしまうのが怖いために電話が怖くなってしまい
ます。

でも、誰だってミスはするんです。

完璧な人間なんてそうそういません。

電話をかけたときに相手の都合が悪かったり、緊張で声が裏返ったり上手く話せなくなるのは
あなただけじゃないんです。

相手の都合が悪ければ再度かけ直せばいいことですし、相手の言葉が聞き取れなかったのなら聞き直せば
いいんです。

声が変になってしまったら、咳払いなどをして整え「すみません」と一言いってから話し始めれば
いいだけです。

そうなったところであなたへの評価は下がりません。

誰にだって起こるんですから。

きっと電話を怖いと感じない人は、こういった事を何も気にしていないんです。

だからあなたも“小さな”ミスを恐れることなく、“ミスしてもやり直せば良い”という気持ちで堂々と
電話してみて下さい。

気にせず堂々と電話することで、ミスすることも自然と減ってくるはずですよ。

そうすれば電話への恐怖心もなくなることでしょう。

 - ライフハック

ページ
上部へ