仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

「大学の夜間コース」から就職をすることの実態調査!

      2017/09/28

「大学の夜間コース」から就職をすることの実態調査!

高校にも夜間コースがあるように、大学にも存在していることはご存知でしょうか。

夜間コースを選ぶ学生の多くが、日中は仕事をして夜は大学で学ぶ人です。

とても苦労をして通う夜間コースですが、一部では「就職に不利なのでは?」という声もあるようです。

その真相に迫り、実際の夜間コースの様子と体験談を調べました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


大学の「夜間コース」では就職に不利なのでしょうか?

「大学の夜間コースとは?」

働きながら通いたい人のための「夜間コース」がある大学が中にはあります。

通常の日中のコースが一部なら、夜間コースは「二部」と呼ばれています。

一部は大体9:00~18:00まで、二部は18:00~21:00までとなっています。

一部より二部の時間帯は短いのですが、二部の生徒は一部の講義にも出席することが可能となっています。

よって、一部の講義を経て卒業をするのと同じカリキュラムを受講をし、単位を取得することができます。

一部の内容と二部の、どちらも同じ内容です。

さらに、二部の方が自分の生活スタイルに合わせやすく自由度が高いのもメリットです。

ただ、卒業後に就職をする際に「夜間コース」と履歴書に書くと不利になるんじゃないか?という不安の声も多く聞こえてきます。

夜間コースはあまりとよくないイメージに思われるのでしょうか?

実態はどうなのかを調べてみました。

大学の夜間コースから就職をした時の体験談

では、実際に夜間コースを卒業をし、就職をした卒業生の声を聞いてみましょう。

夜間コースで大変だったことや就職活動の様子などをまとめてみました。

「夜間コースを卒業して就職をすること」

事情があり、働きながら夜間コースを選んで必死に仕事と勉強の両立をして卒業をしました。

大学では日中のコースと同じように学び、限られた時間の中でゼミにも積極的に参加をしました。

卒業論文にも打ち込むことで努力をし、納得のいくまでチャレンジをしました。

このように夜間コースへ通いましたが、普通に大学を卒業することと何ら変わりがありません。

さらに仕事と勉強の二足のわらじを履いて努力をしたことを、企業側も認めてくれます。

履歴書に「夜間コース」と書いても特に不利になるようなことはありません。

いかに在学中に打ち込んでやってきたかこそ、企業側が求める人材に近づけるポイントだと感じました。

企業側が求める人材は、将来性がある人だと思います。

どのような経過で卒業をしたか、そこが大切だと思います。

大学の夜間コースも同様に就職支援を受けられます

・就職活動について

夜間コースでも日中と変わらずに就職活動は可能です。

大学側も日中と同じようにサポート体制を取り、学生への支援を行っています。

夜間コースだから就職先が少なくなるということはありあません。

もちろん、企業側も差別をするようなこともないです。

・就職率の違いは?

日中コースと夜間コースに就職率の差はあるのかと言えば、コースが原因で差が生じることはありません。

就職活動はその人の努力次第だと言えます。

そして、仕事をしながら夜遅くまで大学に通うことは簡単なことではありません。

その点を企業側も評価をするはずです。

有利になることはありませんが、ひたむきに卒業を目指す姿には心が動かされるものがありますね。

夜間コースを選び、意識を高く持った学生は夢へとどんどん近づいてほしいと思います。

就職活動で「夜間コース」を隠す人もいる

大学の夜間コースを経て一流企業へ就職をする人も中にはいます。

夜間コースを卒業をしても堂々と就職活動を行うことは、先ほどお伝えしました。

ただ中には、履歴書に「夜間コース」「二部」などを書かずに就職をする人もいるようです。

企業側が見るポイントは「大学名・学部」なのでほとんど関係ないことかも知れません。

でも正式名称としてはいつか話さなくてはいけない場面が出てきます。

話したからと言って何か起こるとは考えにくいですが、隠すことなく就職活動を行うべきではないでしょうか。

大変な就職活動の中、どうしても隠したい気持ちも出てくるかも知れません。

でも、色んな事情があるにしても、後々知られることならば最初から伝えるべきでしょう。

仕事と勉強に励んできた人は堂々と面接を行いましょう。

夜間コースの苦労やよかったこと

「夜間コースで苦労したこと」

・会社を定時で帰らないと間に合わない

・大学の周りの人も働いているので、仲良くなってもなかなか遊べない

・夕飯が夜遅くなる

・体力的にきつい

・体調を崩すと大変

・ギリギリのスケジュールなので絶対に単位を落とせない

「夜間コースでよかったと思うこと」

・自分で学費を稼いで通えたこと

・学生の人数が少ないのでマンツーマン指導が受けられた

・色んな人生を歩んだ人たちがいて面白かった

・勉強に対して意識が上がった

・夜間コースの学生同士、助け合う気持ちが生まれた

このように、大学の夜間コースは影ながらとても努力をして通学する学生が多く存在しています。

学費がないからと日中のコースを諦めるなら、と夜間コースを選ぶ人も多いです。

時間に余裕がない毎日を過ごすことになりますが、大きな経験と成果を得られるということがわかりますね。

就職に不利になるようなこともないので、興味がある人は資料などを取り寄せて考えてみてはいかがでしょうか。

 - 就活

ページ
上部へ