仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

消化退職と有給消化!給料の計算が合わないときの対処法

      2017/09/28

消化退職と有給消化!給料の計算が合わないときの対処法

有給休暇を使ったことはありますか?

正社員だけではなく、アルバイトやパートにも有給休暇はあるんです。

そして辞めるときは有給消化をする「消化退職」をするべきです。

この有給制度についていま一度確認をしてみましょう。

もし給料に有給の分が入っていない場合はどこに相談するべきかをご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

スポンサーリンク


消化退職できない?有給消化したつもりが給料が減給

さまざまな事情があって仕事を退職したり転職することは誰にでもあります。

退職するとき、しっかりと有給は消化していますか?

有給は正社員だけではなく、アルバイトやパートでも必ず使うことができます。

有給休暇は労働基準法で決められており、半年以上働いた人に必ず1日以上付与されることになっています。

日数はその人の1週間の労働日数や各会社の規定によって違いはありますが、週1日のアルバイトでも半年後には1日の有給が発生するということが決まっています。

この有給制度を利用をして退職をすることを「消化退職」とも言います。

消化退職をするということは、使っていない有給を全て消化をして退職をするということです。

しかし、消化退職をしたつもりが全然できなかったという人が多いということも現状です。

自分で計算した給料の金額とは違い、有給の分が入っていないどころか減給されている人もいます。

これは法律違反ではないのでしょうか?

労働者にとって大切な「有給制度」について迫ってみます。

有給消化がされていない給料と消化退職

有給休暇が残っているはずなのに給料の計算が合わないなら、減額されていることの理由を会社に問い合わせましょう。

退職を申し出た時点で有給消化をしたい旨を伝えておくべきだと思います。

もし伝えていない場合、計算を間違えているという可能性もあります。

有給休暇の残りの日数に相違がある可能性もありますが、もし会社が認めない場合は労働相談窓口へ相談をしましょう。

賃金の不払いとして手続きを行い、しっかりと有給消化を行うため残りの金額を清算してもらうべきです。

雇用契約書に有給休暇について書いていない場合でも、労働基準法によって基準が決められています。

半年以上勤務した場合は必ずもらえる有給なので、諦めないでください。

給料の減額はおかしい!消化退職と有給消化

そもそも「有給が使えない」というのが今の現状なのではないでしょうか。

アルバイトやパートにも有給制度があるという認識をしていない職場が多く存在しています。

サービス業などではとくに、店主から有給についての話はなかったという人も多いでしょう。

半年以上働くと必ず利用ができるということを忘れないでください。

「有給は2年間有効」

労働基準法で決められた基準では、有給休暇は1年に限り翌年への持ち越しが可能。

たとえ有給が使えなかったとしても、翌年に新しく発生する有給にプラスされた日数を使うことができます。

また、前年度の出勤率が80%以上の条件を満たせば最大で20日の有給がもらえることになっています。

よって翌年に繰り越した場合は最大40日の有給休暇が使えることになります。

この場合で退職をする場合は40日分の給料を使って消化退職が可能だということです。

あらかじめ有給消化の申し入れをしておく

退職をするときに有給消化をしたいと考えるのなら、会社とよく相談をしましょう。

繁忙期に退職日を決めることは事情がない限り避けるべきでしょう。

円満退社をすることで、残りの給料についての相談もしやすくなります。

自分の都合、会社の都合を言い合わずにお互いに調整をし合って退職へと向かうことが大切です。

しっかりと引き継ぎを行い、その上で残りの有給の日数と退職日を合わせて決めるとスムーズだと思います。

しっかりと有給を使って退職消化をしたいのであれば、このように事前に相談をして会社との話を進めて行うべきです。

退職をしてから「有給の分が入っていない」と気づくと相談しずらいという状況になってしまいます。

あらかじめ担当者に有給消化についての申し入れをしましょう。

損をしない消化退職をする方法

会社を退職する時期や日によって、もらえるお給料に違いが出るということは考えたことがありますか?

有給消化だけではなく、損をしない退職のコツをご紹介します。

・早めに計画を立てる

事情がない限り、退職は計画的に行いましょう。

半年以上前から計画進め、早めに上司に相談をしておくとスムーズに進みます。

・繁忙期は避ける

できるだけ繫忙期を避けることで円満な退職へとつながります。

忙しい時期に辞めてしまうとあまりいい顔をされませんね。

・ボーナス後に辞める

もらえるものはもらってから退職はするべきでしょう。

ボーナスが出たあとに退職をすると損はありません。

最後には、しっかりと有給休暇を使い切って有給消化をするということです。

残りの有給を調べてもらったり、使い切って退職をするということを事前からアピールしておきましょう。

退職した後に言われても…ということにもなりかねないので、しっかりと使い切りましょう。

 - 退職

ページ
上部へ