仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

正社員が退職するのに必要な最低期間

      2017/09/28

正社員が退職するのに必要な最低期間

安定した生活を夢見て正社員になっても、

事情があって退職することはありますよね。

一社にずっと数十年という人は

今の時代、難しいのかもしれませんね。

労働者の都合のままに退職ができない場合もありますが、

強引に引き止めらるような場合は規定を使うことも可能です。

退職を申し出るのに最低限必要な期間など

知っておいたほうがよいでしょう。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


正社員が退職できる法的期間とは

正社員であっても、辞める権利はあります。

ただ、マナーとして仕事が繁忙期だから避けた方がいいという風潮はありますが、かといってずるずる辞めれないということはありません。

理由も一身上の都合という理由で十分退職が可能です。

できれば、円満に退社するのが望ましいですが、無理やり引き止められる時には法的に退職することも可能です。

意外と法律によって労働者は守られているので、会社側から労働者を解雇する方が難しいかもしれません。

退職届を出してから退職するまでの必要な日素は最低限2週間だそうです。

会社がいくら引き止めたとしても、2週間たつと何も効力がないということですので、辞めたい日の2周間前までに届け出を出せば、確実に退職できるということです。

但し、給与の計算があるので、月給の場合は早めに申し出る必要があります。

また、就業規則で退職の申し出をする期間を設けているのならば、それを了解して契約した労働者にも責任があると見られるため、規則にのっとる必要があります。

正社員の退職は業務の引き継ぎ期間も計算して

社会人であれば、角を立てずに円満に退職したいですね。退職後もどこで誰とつながるかわかりませんからね。

まず大前提として、社内規定である退職を申し出る期間を守り、少なくてもその規定にある期間の前に設定しましょう。

その上で、自分が行っている業務が退職することによって与える影響を考え、引き継ぎの期間を見定めましょう。

一般的には一ヶ月前に申し出る会社が多いと思いますが、それに業務の引き継ぎや、後任の選出或いは新たに雇用が必要だともっと日数がかかると思われます。

引き継ぎには、少なくても一ヶ月はかかると言われていますから、規定の一ヶ月と引き継ぎの一ヶ月で、辞めたい日の二ヶ月前には、会社に申し出なくてはいけないことになります。

こうした、業務の引き継ぎなども考慮して早めに申し出た退職にも関わらず、受け入れてくれないなどの場合に、はじめて法律や規定を持ち出します。強引な引き止めがあっても、最終的には法が解決してくれるでしょう。

正社員で採用されても試用期間内に退職できるか

現在転職して、三ヶ月間の試用期間中で、正社員になる予定です。

期待して入った会社だったのに、提示されていた条件とは違っていてショックをうけたのと、人間関係がうまくいかず修復が不可能と思われることから、残念ではありますが、退職を考えています。

まだ試用期間ということもあり、どのような退職の方法をとっていいのかわかりません。

前任者が数十年も務めていた方なので、試用期間中に引き継ぎを終了する予定でしたが、現在試用期間残り一ヶ月だというのに、ほとんど引き継ぎがされていません。

前任者がいるうちに、別の人を雇う必要があるのではと思うと、なおさら自分が早く退職した方がよいと思います。

雇用条件書には、退職の際は二ヶ月前に申し出る必要があると書いてあります。試用期間中も同じなのでしょおうか?

社会保険などの引き継ぎや手配など、スムーズにやってもらえるようにしたいのですが、できればすぐにでも退職したいと思っています。

どんな手順を踏めばスムーズに退職できるでしょうか。

退職願と退職届の決定的な違い

退職願は退職を願い出る書類で、◯月△日に退職したいという意志を表明する時に提出する書類です。

一方退職届は、退職を届け出る書類で、◯月△日に退職いたしますと、はっきり言い切る書類です。

どちらも法的にに扱われるもので、言葉は似ていますが、なぜわざわざ二種類設けたのでしょうか。

実は決定的な違いが一つあります。

退職願は、後から撤回することができますが、退職届は一度提出すると撤回できません。

よく、インターネットではどちらでもよいという表現がありますが、正式には退職届の方が強固な意志を表明しており、撤回できないものとなります。

退職するつもりでいたのに、引き継ぎをしているうちに転職先の事情が変わったり、気が代わって上司に平謝りするケースもありますが、退職届の場合は撤回ができないので気をつけましょう。

また、よくテレビのドラマや映画で退職願でもなく、退職届出もない辞表として上司に提出する場面を見かけることが多いと思いますが、辞表を出すのは、取締役などの会社運営に関わる重役や公務員の場合です。

再就職活動は在職中?退職後?それぞれのメリット

在職中に再就職先を探す

メリット

1)収入があるので、精神的に落ち着いて探せる

デメリット

1)良い案件があっても対応できない時がある

2)働きながら資格をとる時間がない

退職後に再就職先を探す

メリット

1)時間が自由

たくさんの会社に一気に面接に行け時間の調整もしやすい、資格勉強なども好きなだけできる

2)失業保険をもらえる

デメリット

1)失業保険をもらうまでに時間がある

2)あまりに不採用が続くと焦る

一般的に、自己都合で退職すると、失業保険の支給まで四ヶ月ほどあるので、それまで生活できるくらいの貯蓄が必要です。

 - 退職

ページ
上部へ