仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

就活時に書く履歴書の資格欄に「そろばん」は書くべきか

      2017/11/08

就活時に書く履歴書の資格欄に「そろばん」は書くべきか

就活生が悩む履歴書の資格欄の書き方についてご紹介します。

昔取得をしたそろばんの資格は書いていいものか、書かない方がいいものか。

そのほかの資格についても一般的な基準をまとめてみました。

面接で自分に打ち勝つモチベーションの持ち方についても触れてみました。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


就活生が迷う「そろばんの資格」は履歴書に書くべき?

就職活動をするときに必要なものと言えば「履歴書」です。

履歴書の書き方について悩むという就活生がたくさんいますね。

とくに悩むものと言えば「資格欄」ではないでしょうか。

どの資格は書いてよくて、逆に書かない方がいい資格があるものなのか。

とくに小学生時代に取得するようなものが迷うポイントとなっています。

たとえば「そろばん」はどうでしょうか。

珠算検定は資格欄に書いていいものなのかどうか。

また、書いていい級などが決まっているものでしょうか。

今回は履歴書にそろばんの資格は書いていいのか、書かない方がいいのか。

これについて一般的な意見をまとめてみます。

そろばん1級なら就活生は資格欄に書きましょう

そろばんの資格を履歴書に記入すべきかどうか。

これについては、珠算検定1級であれば書いてもいいのではないかという意見が多く見られます。

その理由は、1級レベルであれば暗算計算も期待できるものなので役に立つ資格として見てもらえる可能性があるからです。

ただ、今は電卓を使う方が主流となっているためにそろばん自体の価値が廃れつつあります。

そして面接をする会社にとって必要なものなのかも判断材料となるかも知れません。

ひと昔前の銀行であればそろばんの資格は必須条件でもあり、優遇されるポイントとなりました。

一般事務の仕事をする場合に必要な資格は簿記検定や普通免許の方かも知れません。

その職業によっても違いがあるために一概には言えないということです。

就活生は注意!そろばんなどの簡単な資格は書かない方がいいものがある

履歴書の資格欄に書いていい資格、書かない方がいい資格というものはそもそもありません。

色々な憶測から有利になる資格を模索するかと思いますが、基本的には持っているものは全て書いても構わないという考えもあります。

ただ、一般的に「誰でも取れる簡単な資格は書かない」のが常識となっています。

よってそろばんの1級レベルではないものであれば記載はしません。

英検であれば2級以上のものから記載をします。

TOEICは600点以上からです。

普通免許は誰でも取得できますが、これに限っては書きましょう。

小学生時代に取得したものについては、大人になった今となっては忘れてしまっている内容ばかりです。

自信があるものであれば記載しても大丈夫ですが、そうでないものはやはり控えるべきでしょう。

・取得年月日は統一して記入する

資格の取得年度は西暦か年号で統一をして書きましょう。

そろばんの資格が今まさに重宝されている

今の時代はもはや電卓を使う社会なのでそろばんはもう古い…?と思ってしまいがちですが、今まさにそろばんは見直されています。

そろばんの資格についておさらいをしてみましょう。

・そろばんの資格について

そろばんの能力を証明する「珠算能力検定」は1級から10級まであります。

1級以上は10段までの段位があります。

1級以上を取得している人は指導者講習会を受講が可能となり、これによって珠算教師になることができます。

・そろばん教室を開ける

手に職を持ち、仕事として珠算教師になるということは女性にとってはありがたい場面が多いようです。

定年後の職業や子育てを終えた主婦でも行うことができます。

女性として働き方が選べるということは今のこの世の中ならありがたいことです。

再就職が厳しい中、このような働き方ができるようになるそろばんの資格は重宝されるものとなっています。

就活生が悩む「特徴がない自分」について

就職難と言われる時代に生きる若者たちは、いかに面接で勝ち抜いていくかに必死になっていると思います。

人とは違う部分、人よりもすごい部分、人より飛びぬけた部分…。

常に自分探しに必死になっているでしょう。

よくあるビジネス書にもよく書いてあるのがこれれです。

「自己紹介では自分の強みを売り込め」

これを読んでも自分にこれといった特徴がない場合はどうしたらいいのでしょうか。

自分の強みを必死に探し、過剰に意識し過ぎてわざわざ新しい資格を取得したり慌てて趣味を見つける人もいるでしょう。

ただ、企業側としての意見はこうです。

「普通の一般企業に就職しようとしているのに?」ということです。

ごく普通に生きてきた自分を損だと思う人がたくさんいますが、なぜそれがいけないのでしょうか。

それでは企業側が求める人材に当てはまらないのか?と考えてみればそんなことはありません。

普通に生きてこれ自分はとても幸せなのかも知れません。

しっかりと前を向いて面接へと臨みましょう。

 - 就活

ページ
上部へ