仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

在宅ワークの仕事を本業にできる?その内容や実際の生活

      2017/09/28

在宅ワークの仕事を本業にできる?その内容や実際の生活

最近何かと話題になっているのが「在宅ワーク」です。

育児主婦でも在宅ワークを本業にして行っている人も多く、昔の内職とはかなりイメージが変わりつつあります。

在宅ワークの仕事内容もさまざまですが、それを本業として本当に生活できるのかどうかが問題となっています。

実際にはどのくらい稼げてどんな風に生活を送るのか、これについて実際の体験談を通してまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

no image
【できないの?】仕事と恋愛を両立させる方法 教えます!

仕事も恋愛もどっちも大事なんだけど、どうしても上手くいかない...

仕事辞めたい!新卒なら我慢?あなたに伝えたい5つのこと

「あ~仕事辞めたいな~」

社会...

【小学校の用務員さん】気になる給料や必要な資格に迫る!


小学校には先生以外にも働く人がいたのを覚えている...

【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容教えます!


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

【スカートが短い!】会社なのにセクシー過ぎる女性社員への対応教えます!


セクシーな女性はどこへ行っても話題になりますが、...

会社に退職することを2週間前に伝える時の注意点 はここ!

働いている会社を退職しようと考えることってありますよね。 ...

就活が不安で寝れない時に行う5つの対処法


希望の企業へ就職するために就活がスタートした人は...

【職場恋愛あるある】隠すべき4つの理由とバレる瞬間


運命の出会いはいつどこで起こるのかは分からず、そ...

【社長への結婚の挨拶はいつ?】職場への報告マナー


結婚することが決まったら、お互いの両親への報告は...

上司へのメール【お疲れ様です】の正しい使い方 教えます!


職場の上司へのメールで「お疲れ様です」を頻繫に使...

昇給の時期はいつ?公務員の細かい給料システム


「最も安定した給料」と呼ばれる職業が国家公務員で...

コソコソ陰口を職場で言われた時の5つの対処法


「ねえ、聞いた?あの人ってさ…」とコソコソ陰口を...

【電話が怖い人必見!!】かける時のポイントやマナー教えます!

スマホ普及率が高くなり、メールなどを手軽にできるようになって...

「ニュース」「報道番組」2つの違いやテレビ業界の謎に迫る


今日のできごとや芸能人のあんなことやこんなこと…...

接客業がツラい!クレームを名指しでされてしまったときの対処法

どんな仕事にもツラいこと、大変なことってあります。

~上司と喧嘩してしまった人へ~仲直りの方法教えます!

仕事をしていれば上司とぶつかってしまうことも少なくありません...

アナウンサーはなぜ原稿を見ない?スピーチ力を上げる8つのポイント


テレビ局のアナウンサーはニュースを読み上げるとき...

「ありがとう」の返事 相手が上司の場合の答え方はこれだ!

「ありがとう」と言われたときに「どういたしまして」と返事する...

スポンサーリンク


在宅ワークの仕事を本業にしたい!これは不可能?

最近在宅で本業の仕事を行う人が増えていますが、その多くが、最初は副業から始めてから少しずつ本業へとシフトチェンジしているようです。

ただ、このようないわゆる在宅ワークを本業にできてそれで生活を送ることができているのは、ごく一部の人のみです。

つまり、簡単には成功しないということが言えます。

在宅ワークを行う人の仕事内容はさまざまですが、最近ではパソコンスキルを活かした仕事が増えています。

とくにスキルがない状態で「在宅ワークを本業にしたい」と思っている人は、成功するまでとても時間がかかるでしょう。

資格や経験があっても、非常に厳しい世界であることが言えます。

在宅ワークの仕事を本業にするのは非常に厳しい

人並みのスキルを持つ人が相当頑張ったとしても、年収100万円を稼げればよいのではないでしょうか。

どんな内容の仕事を行うかによっても違いますが、請負か業務委託という方法でプレゼン資料、エクセル集計、ワードライター、デザインを代行してもそのくらいではないかと言われています。

在宅ワークを本業にして年収300万円以上を得ることは、相当難しいことと言えます。

最近ではIT企業が在宅で行う就業形態をとることもありますが、そういった場合以外は難しいでしょう。

また「お家で簡単に稼げます」と言った、詐欺まがいのものがとても増えています。

そういった業者に引っかかってしまう人がとても多いので、注意をしなくてはなりません。

在宅での仕事を本業にしている人たちの実生活

会社へ出勤せずに家で仕事ができることは、ちょっとした夢の生活にも思う人も多いでしょう。

ただ、中にはやむを得ず在宅ワークを本業にしている人もいます。

持病を抱えながら通勤することが難しいので在宅で仕事を行っている人もいますが、通勤しない分楽になったかと言えばそうでもありません。

在宅で仕事をしていくにあたって、病気を逃げの理由に使うことは許されないのです。

「病気で動けないから納期が遅れます」では、クライアントから二度と仕事がもらえないものと思ってください。

最近では子育て主婦の人も通勤ではなく在宅勤務を選択することも増えていますが、その場合においても周りが思っている以上に厳しい生活を送っています。

何か問題が起きれば深夜まで作業を行うこともあり、その中で子供の面倒も見なければならないことは楽なことではありません。

子供が病気な時は会社を休まなくて済むというメリットもありますが、その分手間がかかってしまい大変です。

個人事業主を目指す場合は、それなりの作業量が求められるということを自覚しておかなければなりません。

在宅ワークに向いている人と不向きな人

自己管理とモチベーションの維持が重要

会社へ行かずに自宅で働く在宅ワークを本業にするということは、メリットがたくさんあるように思えます。

全て自分の責任で行い進めていくためには、自己管理とモチベーションの維持や向上ができないと無理です。

ついダラダラしてしまえば、その分収入が減ってしまいます。

そこから、自分をいかに奮い立たせるかが重要ポイントとなってきます。

コツコツした人に向いている

在宅ワークというものは、毎日コツコツと作業を進めていくことになるので、もともとそういう気質の人なら向いています。

一人きりの作業に慣れない人や、お喋りが好きな人にはあまり向いていません。

じっとその場で同じ作業を繰り返し行っても苦痛に感じない人こそ、在宅ワークを本業にしても信頼を得ることができます。

在宅ワークを本業にする前に!実際にいくら稼げるのかシミュレーションをする

会社で正社員になると毎月の給料から税金や年金などが差し引かれていると思います。

個人事業主になると全て自分で支払っていくことになるので、報酬から差し引いた分がかなり少なく感じるかと思います。

最近よく見かける「ライティング作業」で得られる報酬が1記事1,000円の記事作成の場合は2時間で書けたら時給は500円になります。

1日4時間作業ができれば30日間で60記事書けます。

つまり「60 × 1000円 = 6万円」の報酬が自分の在宅ワークでの稼ぎとなり、ここから固定費を差し引いた金額が自由に使える分となります。

この金額で生活を送ることはかなり難しく、在宅ワークを本業にする場合はこの数倍の仕事量をこなしていかなくてはなりません。

また毎月の固定費を把握しておく必要もあり、それなら会社の正社員でいた方が楽であるし安定をしています。

まずは、副業として試してみてから本業にできるのかどうか考えるべきですね。

 - ライフハック

ページ
上部へ