仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

領収書の宛名が空白だった!経費で落とせる?

      2017/11/08

会社の経費としたい場合に必要な証明となる「領収書」についての疑問です。

もらった領収書の宛名が空白だったら、自分で記入してもいいのでしょうか。

その行為は不正となってしまうのかが、気になるところ。

個人事業主の方は特に、確定申告書をする際に迷う点でしょう。

ここでしっかりと正しい方法を覚えておくべきです。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
パートの時給が上がらない理由や対処法を教えます!

生活費の足し、自分のお小遣い、有意義な時間を過ごしたい・・・...

no image
【JR】駅員の仕事は大変?収入や苦労する仕事内容


毎日1,700万人の利用者があると言われている駅...

no image
覚えておいて!職場でプライベートを詮索されたときのかわし方

職場に仲の良い人はいますか?

...

no image
旦那が転勤に行きたくないと思った時に知っておきたい5つのこと

旦那さんが「転勤になった」と言ってきたらどうしますか? <...

no image
接待が苦手・・でも仕事の為に頑張りたい!そんなあなたへ

働いていると接待しなければいけないことがあります。

no image
バイトでの失敗は『怖い』へと繋がる!対処法を覚えておこう

バイトで失敗してしまうということは、バイトをしたことがある人...

no image
家計が苦しい!パートか専業主婦かと悩む女性に伝えたい5つのこと

結婚して専業主婦になるというのが子供の頃からの夢だった。 ...

no image
職場の愚痴を言いたいのに言えない・・そんな時の対処法

社会人になると学生の頃と比べるとストレスが多くなってきます。...

no image
職場での電話は緊張するから苦手・・・克服するコツ教えます!

プライベートではメールやLINEばかりで、電話をかけることが...

no image
工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

no image
マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

no image
通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

no image
【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

no image
【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

no image
内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

no image
銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

no image
【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

no image
【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

no image
【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

no image
青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

スポンサーリンク


領収書の宛名が空白の場合はどうするべき?

確定申告を行う人にとって大切な「領収書」について、よくある疑問を考えてみます。

もし受け取った領収書の宛名が空白だった場合は、どうするべきでしょうか?

空白のまま提出をするよりも「自分で記入してしまえばいい」という意見もよく聞きますが、これは本当に大丈夫なのでしょうか。

この行為は文書偽造と見なされないのかが不安であり、分かりにくい点でもあります。

では空白のまま提出をした方がいいのかどうか、こちらもよく分りませんよね。

空白の宛名の正しい処理方法について詳しくまとめてみましょう。

うっかり間違った方法で確定申告を行うことは危険です。

ミスをしないためにもぜひ参考にしてみましょう。

領収書の宛名を「空白」にしてはいけない

空白の宛名に自分で記入する行為は大丈夫なのかどうかと言うと答えは「NG」です。

その理由は簡単ですが、やはり宛名に自分で記入が認められてしまっては不正行為ばかりの世の中になってしまいます。

そうならないために、領収書をもらうときのコツをご紹介します。

・宛名はしっかり記入をしてもらいましょう

領収書を受け取るさいに宛名が記入をされているかを確認しましょう。

宛名が空白では経費として認められにくいので、金額が大きいものほどしっかりと確認をすべきです。

わざと「宛名なし」でもらう行為は不正の疑いをかけられます。

疑いをかけられるような行動は避けるべきですね。

「会社名称」と「名前」はしっかりと記入をしてもらいましょう。

税務調査では不利に!宛名が空白の領収書

宛名を確認したつもりでも、記入漏れがあった場合はどのような取り扱いを受けるのでしょうか。

実際に経理として取り扱う場合、宛名なしの領収書でもほぼ問題なく処理が行われます。

ただ金額や会社によっては、認められないケースがあります。

やはりしっかりと宛名を書いてもらうべきでしょう。

・税務調査ではNGに

経理上は処理されても、税務調査が行われたときに宛名がない領収書は不利となってしまいます。

宛名がないことで細かく追及をされる可能性は大きいでしょう。

また宛名が「上様」というものも認められないことが多いです。

金額が大きいものはしっかりと記入もれがないか確認を行いましょう。

領収書ではなく「レシート」でも可!

領収書と同じくらい大切に扱われるのが「レシート」です。

ただ、レシートだけでは認められないものもあるのでは?ということがあり、出来る限り領収書を発行してもらっていたという人が多いでしょう。

しかし税理士さんに質問をしてみると、どうやらレシートだけでも認められるということ。

実は「レシートの方が好ましい」という意見もあるようです。

最近のレシートはとくに細かい情報が記載されていますね。

・日付

・料金

・内容

がしっかりと書かれています。

このようなレシートの場合なら領収書がなくても認められるケースが多いようです。

「レシートは全て保存をする」ことが1番のポイントのようです。

しっかりと保存をしておくことで、何かあったときの証明となるのです。

また、デジタル化が進んでいるのでこういったレシートや領収書などをスキャナ保存をすることも可能になっています。

かさばるレシート類をスキャナで保存をしておくことで、とてもスマートに保存をすることができます。

こうしたデジタル化はあらかじめ税務署から認可されれば、資料として利用をすることができるようです。

あらゆるものをデータ化してしまえば、これまでかさばっていた資料もすっきりとまとめることができますね。

この先もこうしたデータ化は進んでいくのだと思います。

領収書よりも有効なレシートはしっかり保存をする

こうして考えてみると、わざわざ領収書をもらわなくてもレシートがあれば大丈夫だということがわかりました。

領収書の宛名は空白では認められないということでしたが、レシートには宛名を書くことができません。

よって、宛名がなくてもいいということになっています。

細かい情報が記載されているレシートの方が、意外と有力な資料となり得るようです。

もらったレシートをそのまま帳簿に貼っておくだけで、資料として成り立つようです。

レシートは捨てずに確定申告で役立てましょう。

領収書がいいのかレシートがいいのか判断し難いという場合は、税理士や無料相談所を利用してみるといいと思います。

そして領収書をもらう場合には、しっかりと宛名を記入してもらいましょう。

 - 経理

ページ
上部へ