仕事に関する疑問を徹底的に考えます。

ワーク・Workの知識の広場

国民年金が払えない!大学生の子供の分を親が支払うと・・

      2017/09/28

20以上の所得のない学生の子どもを持つ親の皆さん

子どもの国民年金の支払はどうしていますか?

学生特例を使って免除にしているでしょうか。

免除した分、受取が少なくなるからと

親が払っていることもあると思います。

その場合、申請すれば節税対策にもなるんですよ。

税金の負担をできるだけ軽くして、その分を教育費にあてたいですね。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

no image
パートの時給が上がらない理由や対処法を教えます!

生活費の足し、自分のお小遣い、有意義な時間を過ごしたい・・・...

no image
【JR】駅員の仕事は大変?収入や苦労する仕事内容


毎日1,700万人の利用者があると言われている駅...

no image
覚えておいて!職場でプライベートを詮索されたときのかわし方

職場に仲の良い人はいますか?

...

no image
旦那が転勤に行きたくないと思った時に知っておきたい5つのこと

旦那さんが「転勤になった」と言ってきたらどうしますか? <...

no image
接待が苦手・・でも仕事の為に頑張りたい!そんなあなたへ

働いていると接待しなければいけないことがあります。

no image
バイトでの失敗は『怖い』へと繋がる!対処法を覚えておこう

バイトで失敗してしまうということは、バイトをしたことがある人...

no image
家計が苦しい!パートか専業主婦かと悩む女性に伝えたい5つのこと

結婚して専業主婦になるというのが子供の頃からの夢だった。 ...

no image
職場の愚痴を言いたいのに言えない・・そんな時の対処法

社会人になると学生の頃と比べるとストレスが多くなってきます。...

no image
職場での電話は緊張するから苦手・・・克服するコツ教えます!

プライベートではメールやLINEばかりで、電話をかけることが...

no image
工場で夜勤って大変?楽?働く前に知っておきたいこと


自分にどんな仕事が合っているのかどうかなんて簡単...

no image
マグロの漁師の儲けはいくら?給料や年収について教えます


毎年冬になるとマグロの競りに注目が集まります。あ...

no image
通訳になるための資格とは?中国語の場合はコレ!


近年日本に訪れる中国人観光客が激増していますね。...

no image
【喘息もちが仕事をする上での9つの注意】ドクターストップが出る前に


突然咳が止まらなくなったり息苦しくなったら喘息の...

no image
【会社の新人】ミスが多い人のための回避方法


会社に入ったばかりの頃はどんな人でもミスをするも...

no image
内定の報告メールを先輩に送る時の書き方マナー


企業から内定をもらうことができたら、アドバイスを...

no image
銀行のパートのお仕事とは?面接に受かるための対策


お金を扱う銀行ではパートでの採用も行っています。...

no image
【荷揚げバイト】日給2万円のきつい仕事内容


短期間で高収入の仕事をを探した時に見つかる「荷揚...

no image
【空港で働きたい】就職難易度と学歴や仕事内容はこれ!


中高生が将来働きたい仕事として人気を集める「空港...

no image
【挨拶ができないのは病気?】怖いと感じる人の5つの心理と対処法


「こんにちは」と自分から声をかけて挨拶をすること...

no image
青山と青木の違いとは?人気度や安さを徹底比較!


スーツを販売する大手チェーン店「洋服の青山」「紳...

スポンサーリンク


学生の国民年金を親が肩代わりした場合メリットは?

親が子どもの年金を代わりに支払うと、税金が控除されると聞きましたが本当でしょうか?

対象の子どもは二人いるのですが、一人は学生で収入がありませんし、もう一人はアルバイトで収入がわずかしかない状況なので、保険料を支払うことができないでいます。

今まではそれぞれ、学生猶予と若年者猶予を受けていたのですが、今年の4月に猶予されていた期間の分と、今年の分を合わせて100万円弱ほどの保険料を収めました。

子どもの保険料を親が払うことで、親の税金が控除されるのでしょうか?

その手続はどのようにすればよいですか?

親が学生の子の代わりに国民年金を支払う理由

子どもの国民年金保険料を親が払った場合のメリット

基本的に国民年金保険料は、全額が社会保険料控除の対象となりますので、節税にもつながります。

子どもの国民年金保険料を、子どもの代わりにその親が支払った場合は、親が確定申告すれと、親の税金が控除され、還付される可能性があるそうです。

一般的にサラリーマンやパートなどの給料は、所得税が引かれて支払われているので、給料から各種の控除金額を覗いたものに所得税率をかけたものが納税所得になります。

つまり、所得税を支払った状態で給与を受け取るので、その後に子どもの国民年金保険料を支払った場合は、税金を払いすぎている可能性があるのです。

このため、確定申告にて、社会保険料控除の対象になる国民年金保険料を申告し、給与から正しい控除額を差し引いて、その額に所得税額をかけて計算し直すと、払いすぎた所得税が戻ってくる可能性があります。

課税所得がない20以上の大学生などに、「学生納付特例」という制度もありますが、特に所得が高い親や兄弟、配偶者などがいるのであれば、特例制度を利用するよりも、収入が高い人が肩代わりして、税金を抑える方がお得な場合がありますよ。

生計を一つにしている学生がいるご家庭ならば、一度計算してみることをおすすめします。

ちなみに、年内に支払ったものならば、過去の年度分のものだったとしても、支払った年度分として、社会保険料控除の対象となるそうです。

更に、一年以内のものを前納した場合も、その支払った年度分として計算できるそうです。

親が学生の子の国民年金を支払う際のとっておきの方法

子どもが20歳になったら、所得がなくても加入しなくてはいけない国民年金。学生の場合は特例もあり支払いが免除されます。

ただ、親としては将来もらえる年金の額が少なくならないように、できるだけ支払ってあげたいですね。

そんな時に、支払う方法によって保険料がかなり違うのをご存知ですか?

毎月払い(15,250円×12ヶ月)・・・183,000円

一年分を前納(口座振替)・・・179,160円

一年分一括全納(現金)・・・179,750円

一年分一括全納(クレジットカード)・・・179,750円

一年分として比較すると、口座振替が一番安く、毎月支払うよりも3、840円も違います。

但しクレジットカードの場合、ポイントがつくので高額の支払いの場合はポイントもばかになりません。

例えば楽天カードの場合、1%の楽天スーパーポイントがつきます。179,750円の金額だと1,797円相当のポイントがつくので、毎月払いとの差額3,250円に1,797円相当となり、合計5,047円はお得になるようです。

そして、平成26年度より2年全納というものもはじまり、割引額が14,800円と大変魅力的です。

クレジットカードは使えず、口座振替のみのようですが、それでも一年分で7,400円安いので、検討の余地はありそうですね。

ただ、二年分ともなると保険料が355,280円ととても高額になります。今からの貯蓄も含めておすすめです。

学生の親が知っておきたい寄付金控除

高校生や大学生の子どもを持つ親としては、少しでも授業料を抑えたいと思っているでしょう。

自治体によっても違うのですが、節税になる方法がいくつかあります。

学校法人に対する寄付金が寄付金控除の対象となるのをご存知でしたか?

但し入学した際に求められる寄付金は、入学金と同じような扱いを受けることがあります。この場合は控除の対象とならない可能性があるので、注意が必要です。

学校に確認すれば、控除の対象かどうかははっきりしますので、確認しましょう。

また、支払う人の名義が重要です。控除を受けたい本人の名義でないと、申告できないので気をつけましょう。例えば支払いは母親なので名義を母親にしてしまうと、父親の収入からの控除ができなくなってしまいます。

所得の多い人の名義にした方がそれだけ控除額も大きくなるということですね。

ただでさえ負担が大きい学費ですので、高校生、大学生に限らず寄付金を支払うときには、気をつけましょう。

学生の子を持つ親以外にも確定申告で節税になるケース

会社員やパートの人は、所得税を給与から天引されています。年末調整を行っていれば税額が正しく反映され、払いすぎた分が自動的に戻りますが、年末調整をしてくれない会社、ダブルワークなど、今は雇用形態が多様化しているので、自分で確定申告をしないと、税金が戻ってこない状況の人も多いと思います。

わざわざ税務署にいって申告しなくてはいけないので、面倒と思われるかもしれませんが、一度行ってしまえば簡単ですので、税務署に行き来する交通費以上の還付が見込める時は、申告した方がお得です。

予め領収書や控除証明書などを持っていけば、税務署には担当の係りの人がいて、用紙の記入方法や証明書の添付などは全て教えてもらえます。

また、今後マイナンバーの記載で手続きが簡素化される可能性もあります。

ちなみに、確定申告にて税金が戻るケースをあげてみます。

・年末調整の内容に不備がある場合
・ふるさと納税を利用した場合
・病院に通院した、薬を購入した場合
・年金を受け取っている親がいる場合
・子どもが離れて暮らしている場合
・夫と死別したり離婚した場合
・妻が働き始めた場合
・転職、退職した場合
・学生の子のかわりに国民年金保険料を払っている場合
・証券会社や銀行と複数取引がある場合

 - ライフハック, 年金

ページ
上部へ